【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017賞の人(6)−片山良雄さん(72)延岡市富美山町

本紙掲載日:2017-10-16
2面

平成29年度・第44回夕刊デイリー明るい社会賞

◆安全願って誘導続ける

 「あいさつや声を掛けてくれるので、やって良かったと思います。元気な姿を見るとうれしいですね」。横断歩道を渡っていく地域の高齢者や子どもたちを見つめ、目を細める。

 富美山町西区の中央を南北に通る延岡西環状線の、信号機のない横断歩道脇で毎朝、安全誘導に立つ。平成22年に副区長に就任したのを機に始めたが、役を終えても続けている。

 「のんびりした道路だった」という地域の道路は、同環状線の整備の進展で交通量が激増。朝の通勤時間(午前7〜8時)は平均約1000台が行き交う。10分間で200台に達する日もあるという。

 小学生の見守りでスタートしたが、通学する中学生、散歩する高齢者、多くの人が道路を渡る。「30分程度のはずが、気になって6時40分から7時40分までの1時間立つようになりました」

 寒い日や雨の日は、時に「休もうか」と思うこともあるが、それでも立ち続ける。「年齢的に力仕事はできないので、自分のできることで貢献できれば」。地域住民の安心安全を心から願う。

 「小さなことを続けてきただけですが、大変光栄なことで励みになります。これからも頑張っていきます」と話す。

(推薦者=吉村憲行・富美山町西区区長兼公民館長、安藤忠・同区副公民館長、荒木林・同区民生委員児童委員)

その他の記事/過去の記事
page-top