【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
11月5日を前に各地で訓練
本紙掲載日:2017-10-11
3面

自衛隊玖珠駐屯地の隊員による防災講話を聞く参加者(別府公民館)
炊事車で炊き出しのカレーを調理する玖珠駐屯地の隊員
煙の中での視界を体験する訓練参加者(延岡市桜ケ丘ふれあい公園)
女性部による炊き出し訓練(延岡市桜ケ丘)

世界津波の日・津波防災の日

◆自助、共助の在り方学ぶ

 世界津波の日と津波防災の日(ともに11月5日)に向け、県北各地区で防災訓練が盛んに開かれている。8日には延岡市の別府町と桜ケ丘が地震と津波を想定した訓練を実施し、住民は万一の備えを再確認した。


◆陸自玖珠駐屯地が参加−別府町

 別府町(624世帯)の訓練には、大分県の陸上自衛隊玖珠駐屯地から西部方面対舟艇対戦車隊が参加。南海トラフ巨大地震が発生した場合、延岡の海岸部には玖珠駐屯地から2隊、福岡県の飯塚駐屯地から1隊が初動派遣されることになっているという。

 訓練では大地震が発生、大津波警報が発令されたとして、自主防災組織の担当者や地元消防団の誘導で、別府公民館に約100人の住民が集合。同戦車隊の山真一隊長が、自衛隊の対処計画などを説明した。

 山隊長は、南海トラフ巨大地震が起きた場合は、自衛隊だけでなく全国から警察や消防、医療チームなどが駆け付けると説明。それでも、救援物資を届けられるまでに3日間は要するとして、自助、共助の重要性を訴えた。

 東日本大震災の教訓から、まずはその場で身を守り、揺れが治まったらガスや電気を止めるよう指導。津波の恐れがある時は何をしていてもためらうことなく、より高い所へ逃げるよう訴えた。

 この後、参加者は市防災推進員の豊田泰裕さん(救急救命士)の指導で心肺蘇生法を実習。県防災士ネットワーク延岡支部の説明を受けながら、避難所で役立つ新聞紙を使ったスリッパ作りを体験した。

 自衛隊は屋外で特殊資機材や活動紹介の写真パネルなどを展示。炊事車で、区の女性部が準備した食材を使ったカレーライスを調理して参加者に振る舞った。

 自主防災クラブ会長の濱田昌男区長は「災害が発生した時にうまく逃げるためには、訓練を繰り返しておくしかない。訓練で防災・減災の知識をさらに深めてもらえれば」と期待した。


◆全10区が合同で実施−桜ケ丘

 桜ケ丘地区は、初めてとなった昨年に続き自治区内の全10区(約1000世帯)合同で訓練を実施。地元消防団などの避難呼び掛けで、約300人の住民が桜ケ丘ふれあい公園に集合した。

 人員点呼後、市消防団の女性消防隊が消防操法を披露し、子どもたちも放水を体験。参加者は市消防本部や消防団の指導で、毛布と竹ざおなどを組み合わせる簡易担架作りを実習した。

 また、消防本部が人工の煙を使った煙体験ハウスを設置し、参加者は火災現場などでの視野の悪さを体験。炊き出し訓練として、女性部がおにぎりと豚汁を用意して参加者に振る舞った。

 世話人を務めた桜ケ丘区長会の下清水一正会長は、「足腰が悪くて会場に来られなかった方も庭先で避難待機するなど、多くの住民が自分の身を守るため訓練に協力してもらえました。今後も盆踊りなど区合同の行事を通して交流を深めていければ」と話した。


◆11月1日にはみやざきシェイクアウト

 津波の日に向けて延岡市内では10月9日に長浜地区、14日に恒富地区、15日に松原町と本小路1区も防災訓練を実施。県は11月1日午前10時に県民一斉防災行動訓練「みやざきシェイクアウト」を計画(自由参加)しており、その場で自分の身を守る行動を取るよう広く呼び掛けている。