【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

岡富が決勝進出

本紙掲載日:2017-10-09
9面

第40回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会

◆3位に門川美々津、南8強

 第40回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会は10月7、8日、延岡市の妙田など3球場で1回戦から準決勝(1試合)まで計15試合があった。準決勝は岡富と門川が投手戦を展開。岡富が1―0で制して決勝に進み、門川が3位で賞状を受け取った。

 大会は延岡市11、日向地区6、西臼杵地区4、東臼杵地区3、大分県佐伯市2の25チームがエントリー。チーム事情などにより、佐伯の2チームと、北浦が出場を辞退した。

 10月9日は妙田球場で2回戦2試合と準々決勝2試合があり、4強の2チームがそろう。結果は次の通り。

【妙田球場】
▽第1試合・1回戦
恒 富  1000000−1
財光寺  300010×−4
▽三塁打=森2(財)。▽二塁打=甲斐(恒)。黒田、鹿瀬、黒木蓮、黒木章(財)。
[評]両校無失策の好ゲームは財光寺の打力に軍配。初回、黒田の左中間二塁打、森の右越え三塁打、黒木蓮、黒木元の適時打で逆転。五回は森、黒木蓮の長打で追加し、1年生投手陣が好投した。恒富は吉田勝のスクイズで先制したが、以降の好機を生かせず。

▽第2試合・1回戦
門 川  52211−11
旭    01000− 1(五回コールド)
▽本塁打=河野2、高橋(門)。▽三塁打=河野、井上(門)。▽二塁打=野村(門)。黒田(旭)。
[評]門川は初回、河野の三塁打から3四死球と高橋の右中間満塁本塁打。河野は以降も2本塁打の大活躍だった。先発の青柳は二回以外は三者凡退に。旭は二回、黒田の左線二塁打から吉村が送り、工藤の適時打で1点を挙げた。

▽第3試合・2回戦
財光寺  1111111−7
日之影  0000000−0
[評]9人で臨んだ日之影は二回、負傷退場があり、人数不足で棄権した。

▽第4試合・2回戦
門 川  3000003−6
北 川  1000000−1
▽三塁打=河野2、神戸(門)。佐藤佑(北)。▽二塁打=神戸、花岡(門)。
[評]門川は初回、河野の左前打から青柳、井上の内野安打、神戸の右三塁打で3点。先発の重岡は四回以降、無安打に抑え、最終回は敵失と神戸、花岡の長打で駄目押し。北川は初回、佐藤佑の中三塁打と伊藤の左前打で1点を返した。

【吉田病院船越球場】
▽第1試合・1回戦
上野・田原402001 −7
西 階  100232×−8(六回時間切れ)
▽二塁打=佐藤悠、河内(上)。
[評]西階は四回、田畑の中前打などで3点差とすると、五回は佐藤の左前2点打などで同点。六回は甲斐瑞、佐藤、柳田恭の3連打でサヨナラ勝ち。上野・田原は初回、4四球と佐藤悠の右二塁打などで4点。三回は河内が2死一、二塁から2点左越え二塁打を放った。

▽第2試合・1回戦
椎 葉  103010−5
高千穂  42000×−6(六回時間切れ)
▽三塁打=甲斐(椎)。▽二塁打=興梠徳(高)。
[評]高千穂は初回、押方の押し出し四球と暴投などで4点。二回は1死二、三塁から興梠徳が左へ2点打を放った。椎葉は三回、敵失や椎葉智の中前適時打などで3点。五回は椎葉太の右前打に敵失が絡み1走の松岡が生還。六回の逆転機は好守に阻まれた。

▽第3試合・2回戦
西 階  000000 −0
美々津  200113×−7(六回コールド)
▽三塁打=山口拓、中上(美)。
[評]美々津は初回、敵失などで2点。四回は山口拓の中前適時打で1点。六回は山口大の右前適時打と中上に右中間適時三塁打などでコールド勝ちを決めた。先発山口拓は2安打完封した。西階は六回、甲斐の右前打などで2死二、三塁をつくったが生かせなかった。

▽第4試合・同
南    2020000−4
高千穂  0000100−1
▽三塁打=佐藤(南)。木下(高)。
[評]南は初回、井之上の右中間への適時打と暴投で2点。三回は左中間三塁打の佐藤を黒木真が左前打で帰すなどして2点を奪った。先発須藤は四回まで無安打投球。五回以外は危なげなかった。高千穂は五回、初安打の工藤を一塁に置いて木下が右越え三塁打を放った。

【西階球場】
▽第1試合・1回戦
岡 富  0003010−4
大王谷  0010200−3
▽本塁打=諏訪(大)。▽二塁打=前川(岡)。
[評]岡富は四回、前川の左二塁打などで逆転。追い付かれたが六回は日癲∪ジ邑の連打から坂元の左前適時打で決勝点を奪った。大王谷は諏訪の右本塁打で先制。五回にも古賀、長友、村田の連打で一時同点とした。

▽第2試合・1回戦
富 島  1210000−4
延 岡  1000000−1
▽二塁打=谷口、稲留(富)。加藤、睫據扮筺法
[評]富島は初回、日發虜諺安如稲留の左二塁打などで先制。二回にも中田、日發涼譱安如∋芦鵑眞口の左二塁打などで加点。投げては中田、溝口の継投で1失点に。延岡は初回に四球から加藤の適時打で1点を奪った。

▽第3試合・2回戦
岡 富  014102−8
五ケ瀬  100000−1(六回時間切れ)
▽三塁打=甲斐(五)。
[評]岡富は二回に瀬戸口の二塁打などで追い付き、三回は前川の中前打、日發留α安任忙裕紊覆匹睛蹐鵑乃嫖勝0聞澆眄ジ邑の2安打などで突き放した。五ケ瀬は初回、飯干柊が出塁し、伊藤が送り甲斐瑠の右中間三塁打で先制した。

▽第4試合・2回戦
富 島  3653−17
西郷・諸塚0000− 0(四回コールド)
▽本塁打=稲留(富)。▽二塁打=日癲稲留、山、菊地(富)。
[評]富島は打線が爆発。初回から稲留の右本塁打などで3点を奪うと、二回も稲留の中二塁打など打者11人の猛攻。三、四回も攻撃の手を緩めなかった。西郷・諸塚は初回に竹内、三回に川村が安打で出塁したが本塁には届かなかった。


◆8日の結果
【妙田球場】
▽第1試合・準々決勝
岡 富  4000000−4
富 島  0000000−0
▽二塁打=稲留(富)。
[評]岡富は初回、岩田、峯田、日癲樋口の連打に瀬戸口の2ランスクイズ
など足も絡めて4点。1年生前川は無四球、6奪三振で完封し、野手も無失
策。富島は中田が四回以降、無安打に抑え、稲留が鋭い打球で2安打した。

▽第2試合・準々決勝
門 川  000142−7
財光寺  000003−3(六回時間切れ)
▽三塁打=黒木蓮、黒木琉(財)。
[評]門川は重岡が要所を締めて五回を被安打3の好投。打線も野村が右前打
2本で3打点など足も絡めて着実に加点した。財光寺は黒木天が力投。六回、
黒木蓮、黒木琉の右中間三塁打で3点を返したが、反撃が遅かった。

▽第3試合・準決勝
門 川  0000000−0
岡 富  000001×−1
[評]岡富夏田が球威と変化球の切れ、門川青柳が緩急と打球反応を武器に息
詰まる投手戦を展開。夏田は六回、2四球から左前に値千金の一打。投げても
四回まで完全で、三塁を踏ませず。門川は七回、先頭の重岡が左前打を放った
が続かなかった。

その他の記事/過去の記事
page-top