【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

かどっぴータクシー出発式

本紙掲載日:2017-10-03
3面
愛称を考えた中田さんと安田町長
かどっぴータクシー

乗り合いタクシー・小1の中田さん命名−門川町

 門川町で昨年から実証運行していた乗り合いタクシーの愛称が「かどっぴータクシー」に決まった。2日、門川町商工会コミュニティーセンターで出発式があり、新名称のもと運行を開始した。

 同町では、新たな公共交通として昨年10月から町内5路線で乗り合いタクシーの実証運行を開始。より親しみを持つとともに利用促進を図るために愛称の募集を行っていた。

 出発式には、安田修町長をはじめ、「かどっぴータクシー」の愛称を考案した門川小学校1年の中田結菜さん(7)、タクシーを運行する3社の関係者らが出席した。

 安田町長は、運行までの経緯を紹介し、「これから先10年、20年と運行できるよう頑張っていきたい」とあいさつ。

 運行事業者(上日向自動車、宮児タクシー、宮交タクシー)を代表して上日向自動車の屋地健二部長が安全運行宣言を行った。

 愛称応募者表彰では、安田町長が中田さんに賞状と記念品を贈呈。関係者によるテープカットで運行開始を祝った。

 出発式後は、門川町のマスコットキャラクターと「かどっぴータクシー」の文字が描かれたステッカーを張った乗り合いタクシーに利用者や安田町長らが乗車。門川駅から9時10分発の本町巡回線が早速スタートした。

 中田さんは「かどっぴーがかわいい名前だと思ってつけた。選ばれてうれしい」。出発する乗り合いタクシーに笑顔で手を振り、見送った。

 乗り合いタクシーは予約制のコースを含む全6路線で運行。各路線ごとに運行日や時間は異なる。詳しくは、新たに発行された改訂版「かどがわ町公共交通ガイドブック」に掲載されている。

 問い合わせは、上日向タクシー門川営業所(電話門川63・6363)、宮児タクシー門川営業所(電話門川63・2171)、三カ瀬線は宮交タクシー日向営業所(電話日向52・3131)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top