【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

増える運転免許返納

本紙掲載日:2017-09-30
1面

県内、5年で2倍超−延岡、昨年より23%増

 県内の65歳以上の高齢者の運転免許自主返納は、平成24年が1301件、25年1379件、26年1694件と年々増加。宮崎市で70代男性の軽乗用車が歩道の歩行者を次々とはねて6人が死傷した暴走事故が起きた27年は一気に2000人を超えて2261人、昨年はさらに2907人まで増加した。延岡警察署管内でも今年1〜8月に277人に上り、昨年同期比23%増とさらに増加傾向にあることが分かった。

 県内では今年も8月末までに2502人が自主返納し、前年同期より750人増加するなど、一段と高いペースで推移している。全国的に高齢ドライバーの重大事故が増えていることや、自主返納しやすい環境づくりが進んでいることが背景にあるとみられる。

 28年中に県内で発生した人身事故9015件のうち、より過失が重い「第1当事者」の割合は高齢者が23・3%(2105件)で、この10年間で約2倍にまで増加。自損事故の割合も多く、免許返納を推進する社会的機運は高まっている。

 今年3月からは75歳以上のドライバーを対象に、免許更新時や一定の違反行為をした場合に認知機能検査を義務化。検査結果に伴い医師から認知症と診断され、免許が取り消される高齢者も出てきている。

 一方、県警は運転に不安がある高齢者や家族に向け、延岡など県内3免許センターで「運転適性相談」も積極的に受け付け、判断力などを自覚してもらうよう尽力。家族など本人代理による免許の自主返納もできるようになっている。

 相談窓口は平日の午前10時から午後5時まで。事前に連絡が必要。延岡運転免許センターは(電話延岡33・9999)。

その他の記事/過去の記事
page-top