【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡署、安全運転呼び掛け

本紙掲載日:2017-09-27
2面
延岡署・佐伯署合同の街頭啓発で安全運転を呼び掛ける警察官ら(道の駅北川はゆま)

佐伯署と合同キャンペーン

 秋の全国交通安全運動(9月30日まで)に合わせ、延岡警察署と大分県警佐伯署は23日、延岡市と佐伯市で合同の街頭キャンペーンを開き、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。

 行楽シーズンで交通量が増える県境で意識を引き締めてもらおうと、東九州自動車道につながる延岡市北川町の道の駅北川はゆまと佐伯市の道の駅宇目で実施。両署員や交通安全協会の指導員など計約40人が参加し、立ち寄り客や信号待ちのドライバーにチラシやグッズを配布した。

 キャンペーン開会式で延岡署の横山良人交通官は、宮崎、大分両県ともに交通事故の発生件数、負傷者は減少しているものの死者数は増加していることを報告。「年末にかけて薄暮時の交通事故が多発する傾向にあり、これからが事故抑止の正念場」と呼び掛けへの協力を求めた。

 佐伯署の金澤和彦交通課長によると、同署管内は信号機のない県境付近で速度超過の車が多い上、カーブが多く、特に秋の行楽時期はツーリングバイクの事故が急増するという。

 事故発生率は全国の中でも高く、「ぜひ大分へ遊びに来ていただきたいですが、交通量が増え、地理に不慣れなドライバーも多くなるので、慎重な運転をお願いします」と訴えている。

その他の記事/過去の記事
page-top