【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

武道家の甲斐さんが達磨絵展

本紙掲載日:2017-09-27
2面
自作の達磨絵と甲斐さん

10月6日まで虎屋サロン

 延岡市本小路在住の武道家、甲斐国征さん(74)=征武館館長=が描いた達磨(だるま)絵の展示会「忍耐」が23日から、同市幸町の虎屋サロンで始まった。10月6日まで。

 10歳から柔道、13歳から空手道、18歳から合気道を始め、昭和42年に征武館を創立。日本伝統武道の保存継承と国際的な普及、地域のスポーツ振興などに関する功績で昭和62年に同市文化賞を、平成22年に県文化賞を受賞。武道家としては県内では知らない人はいないだろうと思われる甲斐さんが、なぜ達磨絵を−−。

 30代の頃、京都市の天龍寺(世界遺産)で達磨絵を見て、強く心を打たれたのがきっかけという。「達磨は忍耐の象徴。20代の自分は強くなりたいとばかり思っていたが、それだけではいけないことに気付かされた。実技だけでなく文化(精神)を忘れてはいけないと」

 描く時には一気に、夜を徹して描く。今回も7月のある晩、寝ていた時にふと「今、描かなければ」と思い立ったという。毛筆を手に取り、朝までかけて奉書紙10枚に描いた。このようにして描き、展示するのは40代、50代に続き3回目。

 達磨は10点とも表情が違っており、力強さの中に愛嬌(あいきょう)がある。「絆」「志」「道」など、思いのこもった力強い一文字を添えて仕上げた。

 「伝統武道は、勝ち負けではなく、全員の向上を目的としている。文武両道でこそ人づくりができる。そういった心を後継者に引き継ぎたい。達磨絵を見ていただいて、それを少しでも伝えられればうれしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top