【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮中新嘗祭に献上−門川町で抜穂祭

本紙掲載日:2017-09-26
3面
新嘗祭を前に、たわわに実った稲穂を刈り取る児童生徒ら(門川町の上井野・神舞地区)

西門川の献穀事業実行委員会

 11月23日に行われる宮中祭祀の一つ新嘗(にいなめ)祭に門川町産の米とアワを献上するため、地元農業者らでつくる同町献穀事業実行委員会(委員長=猪倉照央・上井野区長)は9月25日、同町西門川の上井野・神舞(かんまい)地区の田んぼで抜穂(ぬいぼ)祭を行った。

 5月に行われた御田植(おたうえ)祭には、地元の西門川小・中学校の児童生徒も参列し、普通期水稲「おてんとそだち」を植えた。苗は夏の暑さにも台風にもめげず順調に成長。すがすがしい秋晴れとなったこの日、黄金色の稲穂をたわわに実らせていた。

 児童生徒56人をはじめ、参列した県・町の関係者らは神事後、鎌を手に一列になって田んぼへ。田んぼの提供者で田長(たおさ)を務めた安田元信さんの掛け声「刈りませー」を合図に、元気に「オー」と応えると、端から順番に手際よく稲穂を刈り取っていった。

 児童生徒たちは、田んぼのぬかるみに足を取られながらも奮闘。一株ずつ丁寧に刈り取ると、束にまとめ、天日に干すため、竹で組んだ稲架(はさ)に掛けていった。

 西門川中3年の黒木彩華(さやか)さんは「先日の台風による被害を心配していたので、強く育ってくれていて安心しました。西門川という地域を想像しながら、おいしく食べてもらいたい」と話した。

 刈り取った稲穂は1週間ほど天日に干した後、脱穀精米し、同町産のアワと一緒に10月26日に皇居で行われる献穀献納式を経て、新嘗祭に献上される。同町産の米とアワを献上するのは、昭和51年以来41年ぶりという。

 今回の一連の取り組みを振り返り、安田修町長は「世代を超えた交流を生み、農業やふるさとのすばらしさを共に考える貴重な機会となった。これからもみんなで心一つに助け合い、すばらしい門川町をつくり上げていきたい」、猪倉委員長は「自然を育み、人を育む、このすばらしいふるさとを、次世代を担う子供や孫たちへ継承していきたいと強く願っている」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top