【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

早急な抜本的対策が必要

本紙掲載日:2017-09-23
1面

曽立の浸水被害で首藤市長−延岡市

 台風18号の大雨により内水があふれ、延岡市北川町熊田曽立地区で浸水被害が発生したことについて、首藤正治市長は22日の定例会見で、昨年の台風16号浸水を教訓に同地区に設置した仮設排水ポンプに触れ「雨量が非常に多く、十分な効果をもたらさなかった」とした上で、「抜本的な対策を早急に形にしていくことが必要」と語った。

 同市によると、台風18号の接近を受け、市は16日午前、曽立地区内を流れる曽立谷川と北川の合流点にある水門付近の堤防上に、毎分4トンの仮設排水ポンプ8台を設置。

 谷川の内水が増え始めた17日午後2時10分からポンプを稼働。排水を開始したが、同地区の北川本流の水位が堤防の計画高水位を超えたため、午後3時に停止した。

 市は、昨年の同地区の被害を受け、応急の対応策として仮設排水ポンプ設置を決定。今回、首藤市長は「従来にも増して雨量が多く、ポンプが十分な効果をもたらさなかった。残念。ポンプ容量の詳細な検証が必要だが、今回は大きく不足していたということは事実と感じている」と語った。

 ポンプの稼働が約1時間だったことについては、稼働開始後に北川の水位が急上昇したことなどを挙げた上で、「操作者の身に危険が迫ることと同時に、堤防の危険を意味する計画高水位を超えたため、ルール上、排水ポンプを停止しなければならなかった」と説明。

 河川法施行令第9条で、ポンプの操作規則に基づいた操作要領として、堤防の破堤などの防止と下流域への影響を抑えるため、本流の堤防が計画高水位を超えた場合は排水ポンプを停止することが規定されており、停止措置はこれに準拠したという。

 昨年の同地区の浸水被害の発生以降、市は応急対策として仮設排水ポンプを設置することと併せて、抜本的な対策について、県など関係機関と協議を続けている。首藤市長は「いろいろな選択肢があり、その選択肢について検討し、方向性を固めていこうとしてきたところではある。抜本的な対策を早急に形にしていくことが必要だと感じている」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top