【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017世界ジュニアサーフィン選手権大会特集

本紙掲載日:2017-09-20
7面

選手団が市街地パレード−23日・駅前交流広場で開会式

◇23日の日程
【物産販売】午前9時から日向市駅前交流広場で宮崎県産の物産販売がスタート。宮崎牛などのご当地グルメ、大会公式グッズの販売など多数の出店が並ぶ。浴衣の着付け、十五夜祭ぢょうちんの絵付け、ひょっとこ踊りなどが体験できる文化体験ゾーンも。

【ステージイベント】午前10時、十五夜太鼓の太鼓演奏で開幕。開会行事前には、大会アンバサダーを務める五輪競泳メダリスト松田丈志さん(延岡市出身)のトークイベント、熊本県の人気キャラクターくまモンのステージへと続く。

【パレード】午前11時から大会に出場する400人以上の選手団が、駅中心市街地を行進する「パレードオブネイションズ」。選手たちが色とりどりの国旗を手にする中、市内の小・中学生約130人がプラカードを持って選手たちを先導する。
また、日向、富島、財光寺、大王谷学園の4中学校の吹奏楽部部員約100人によるマーチングバンド部が、2班に分かれて行進曲を演奏して大会をアシストする。

【開会式典】パレード終了後の午前11時50分から。駅前広場に整列し、参加国が地元から持ち寄った海岸の砂を、ステージに用意されたケースに入れてオブジェを作る「サンドセレモニー」を行う。世界の海が一つになり、世界各国の一体感を演出する国際サーフィン連盟(ISA)独自のセレモニー。
開会行事途中には地元伝統芸能のひょっとこ踊り披露、開会宣言後には餅まきがある。
午後1時30分からはアフターステージイベント。県のシンボルキャラクターみやざき犬やご当地キャラクターのステージパフォーマンス、和太鼓やアフリカ太鼓演奏、フラなど。
当日は開会式会場となる日向市駅周辺の一部は車両通行ができなくなる。大会実行委員会は会場周辺に来場者用駐車場を準備しており、「係員の誘導に従って駐車を」と呼び掛けている。


◆試合の仕組み
1試合の競技時間は15〜20分程度。ジャッジ(採点者)が区別できるように選手は赤、白、黄、青、緑色のゼッケンを着け、4〜5人で海に入る。

◇ルール全部の波に乗れるわけではなく、一般的には波のピークの一番近くにいる選手に優先権があるため、波のどの位置にいるかに注意して、自分に優先権のある時に乗る。先に乗っている選手と同じ方向の波に乗るなどの妨害行為は減点の対象。

◇採点方法
4〜5人のジャッジが採点する。得点の一番高いジャッジと一番低いジャッジの採点をカットして、残りのジャッジの得点を平均したものが得点となる。さらに、1試合中に出した高得点との合計点が最終的な得点となる。得点の高い順に順位が決まり、一般的には上位2人が次のラウンドへ進出する。

【お倉ケ浜海岸】
競技会場のお倉ケ浜海岸は、「日本の渚100選」に選ばれた4キロの広い砂浜と良い波が特徴で、初心者から上級者まで楽しめる国内有数のサーフポイント。毎年、プロやアマチュアの多くの大会が開催され、年間を通じて多くのサーファーでにぎわう。

その他の記事/過去の記事
page-top