【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ひなたライナー好調です」−近鉄バス

本紙掲載日:2017-09-15
4面
「ひなたライナー」片道運賃5000円キャンペーンをPRする塩野さん(左)と松並さん

利用者5000人突破

 「『ひなたライナー』の利用者が5000人を超えました」と笑顔で話すのは、運行する近鉄バス営業部の塩野智紀さん(左)と松並賢祐さん。

 ひなたライナーは今年2月1日から運行が始まった、宮崎と関西の三大都市を結ぶ定期路線バス。宮崎―関西往復のバスは平成5年に廃止された「ひえつき号」以来24年ぶりの復活とあって、話題を集めた。

 バスの車両は27人乗りで、大型シートは横3列の独立型。カーテンやフットレストも付いており、長距離の移動も快適な仕様となっている。

 利用者にも好評で、同社が予想していたよりも早いペースの8月25日に5000人を突破した。

 「延岡発着の方は3割ですが、県北の人口比率から考えれば、まだまだ需要は見込めます。京都はこれから紅葉のシーズンですし、若い方にはUSJが人気です。一度ご利用いただき、快適さを知っていただくことが第一歩です」と期待を込めていた。


◆記念キャンペーンで料金5000円−10月16〜25日

 近鉄バスでは「ひなたライナー」の利用者5000人突破を記念してキャンペーンを行う。10月16〜25日の出発便片道運賃(通常料金は延岡駅前と日向IC〜神戸まで1万円)が5千円になる。全区間が対象で、出発地と目的地は問わない。問い合わせは近鉄高速バスセンター(電話06・6772・1631)。

その他の記事/過去の記事
page-top