【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
品質確保と技術向上目指す
本紙掲載日:2017-09-13
2面

延岡地区建設業組合から表彰を受けた松下さんと河野さん
担当者の説明に聴き入る県土木施工管理技士会延岡支部の皆さん

県土木施工管理技士会・延岡地区建設業協会

◆技術研修会で研さん

 建設工事の品質確保と土木技術の向上を目指す県土木施工管理技士会延岡支部の平成29年度技術研修会が8日、市内の建設業者ら約100人が出席して延岡建設会館で行われた。同支部と延岡地区建設業協会(山司支部長兼会長)が主催して毎年行っている。

 山支部長は、「この研修会は工事技術と品質の向上、工事の円滑な進捗(しんちょく)を図るためのもの。技術力と同時に工事評価のアップにつながるよう研さんし、充実したものにしてください」と開会のあいさつ。

 延岡土木事務所の馴松義昭所長が、今年度施行された県土美化条例に基づく管内9社の河川除草や清掃に触れ、「この取り組みは県内に広がっており、先進的な取り組みをしていただいたことに感謝します。さまざまな課題について互いに議論し、より良い社会資本の整備につなげてください」と来賓あいさつした。

 研修会では、県土木事務所の担当者が、〃設工事におけるICT(情報通信技術)活用工事ならびに情報共有システムについて河川工事における注意点および留意事項F始工事における留意点および安全対策す事検査状況に関する工事成績評定の改定と平成28年度の工事検査時の指導事項について――の四つをテーマに講演した。

 このうち、今年7月から試行が始まった「ICT活用工事ならびに情報共有システム」については、同事務所の松本貴史さんが登壇。対象となる工事の規模や企画、施工管理と監督、検査の在り方などについて説明した。

 現場事例報告もあり、山崎産業の担当者が「土々呂漁港海岸海上地盤改良工事」、八作建設の担当者が「祝子ダム導流壁工事」についてそれぞれ発表した。

 席上、平成28年度の優良工事技術者表彰もあり、松下寿史さん(豊松建設現場代理人)と河野誠一さん(可愛工業現場代理人)が山会長から表彰状を受けた。