【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
さあ、大会まで2週間−小学生が応援の手旗作り
本紙掲載日:2017-09-09
1面

オリジナルの手旗作りに取り組む日向市塩見小の4年生

世界ジュニアサーフィン選手権−日向

 9月23日から日向市お倉ケ浜海岸で始まる世界ジュニアサーフィン選手権(開会式会場は日向市駅前交流広場)の選手や大会関係者を歓迎しようと、日向市内の各小学校では開会式や大会期間中、応援用に活用するメッセージ入りの手旗(応援フラッグ)作りを進めている。8日は塩見小学校(原口広司校長、141人)の3年生28人と4年生24人の児童が取り組んだ。

 大会の実行委員会事務局を務める同市が市内全13小学校に協力を依頼し、出場国の国旗、手旗合わせて3900枚を配布。各学校の学年や学級ごとに随時取り組んでおり、同校では7日の1、2年生に続いて2回目。

 このうち、4年生のクラスは中国とオーストラリアの国旗を担当。A5判サイズの国旗の裏面に、自分の名前や応援メッセージを書いた。

 松木涼真君(10)は「諦めずに最後まで戦い続けてほしいという願いを込めました。思ったより上手にできた。ボディーボードをしているので、サーフィンの大会も見てみたい」と話した。

 手旗の一部は大会期間中、市が児童を対象に競技会場で計画している応援バスツアーの際に各国選手にプレゼントすることにしており、同校では5、6年生計42人が参加予定。残りの手旗は開会式や競技会場で一般の来場者が活用し、選手に声援を送ることになっている。

 大会は23日〜10月1日の9日間。約50カ国から約500人の選手が参加予定。16歳以下と18歳以下の男女別個人戦と国別対抗戦がある。23日午前10時から日向市駅前交流広場で開会式を開き約600人が中心市街地を行進する「パレードオブネイションズ」を計画している。