【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

征武館に海外から武者修行

本紙掲載日:2017-09-05
2面
甲斐館長から指導を受けるスペイン人武道家
征武館で修行したスペイン人武道家の(左から)ホセさん、ホアンさん、アントニオさん
イタリアから帰延して修行した武藤さん

延岡出身の武藤さんも帰省

 国内外に日本の伝統武道を発信している延岡市本小路の日本武道院征武館(甲斐国征館長)に、この夏も海外から複数の武道家が訪れ、武者修行に励んだ。

 このうちスペインからは、ホアン・アントニオ・ガルシアさん(37)、ホセ・マヌエル・ドミンゲスさん(43)、アントニオ・カマチョさん(29)の男性3人が来日。いずれも南部アンダルシアの同じ道場で指導者を務めている。

 3人は本場の伝統武道を学ぼうと、8月初旬に初来日。沖縄と熊本の道場を巡った後、「最大の目的」という甲斐館長の元を訪ね、24日から3日間、指導を仰いだ。

 また、征武館イタリア支部道場からは女性指導員の武藤珠世さん(39)が帰省。武藤さんは10歳で征武館に入門し、高校卒業後に留学してから現在に至るまで、現地で稽古に励んでいる。

 イタリア支部長で夫のチェメナスコ・アンドレアさん(44)と共に15人ほどの門下生を指導。2人の子どもを育てながら出版物の翻訳業に従事し、最近では夏目漱石の文学作品のイタリア語訳を担うなど、日本文化の発信にも貢献している。

 居合道、杖道(じょうどう)、柔術、空手道、合気道と幅広く習得しているが「武道に終わりはない」と、毎年夏に故郷延岡へ帰省しては、甲斐館長の元で修行。今年も7月末から約1カ月間滞在した。

 古来の武道精神を伝承する希少な存在である甲斐館長の指導に触れ、ホアンさんらは「全く威張ることなく謙虚で、優しくしていただいたことに驚きました」と感想。

 延岡滞在が貴重な経験になったことを振り返り、「指導者としてどのような態度で臨むかを学びました。技よりも礼儀作法が大切だということが分かったので、それを親切に指導していきたい」と話した。

 武藤さんは、日本の伝統文化に興味を持ち学びたいという外国人が増えているとして、「伝統武道の精神や礼儀作法を伝えるのはなかなか難しいですが、国が違っても学びたい人には理解してもらえると思うので、こちらもイタリアの文化、考え方をしっかり理解した上で伝えていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top