【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材・わせクリ−ゆっくりと秋の気配

本紙掲載日:2017-08-29
4面
北方町産のわせクリ

 8月の中旬から、地元北方町産のわせクリが並ぶようになった。まだ少なくやや高値だが、お盆を過ぎて、クリとナシが顔を見せ始めると、秋の気配が漂いだす。

 北方町の生産者を中心につくるJA延岡果樹振興協議会栗分科会(柴田英雄会長)から出荷されるクリはなかて、おくてと品種を移しながら、10月の上旬まで続く。「個々の生産者で多少の違いはあるが、全体的には平年並みの品質」と柴田さん。

 ブナ科クリ属の植物で人類との関わりは深く、日本はもちろん、欧州、米国、中国などにも自生し、古くから食用にされてきた。

 炭水化物を多く含む高カロリー食品で、糖の代謝を助けるビタミンB1、B2、ナイアシンを含むため、エネルギー効率が高い。

 おいしくなる保存法を見つけたので紹介する。皮付きの生クリを新聞紙に包んで、乾燥しないようポリ袋に入れて、0度の冷蔵庫で保存。3〜4日経つと、クリに含まれるでんぷんが糖に変化し、甘さがアップする。ただ、新聞紙がぬれているとカビが生えることがあるので、新聞紙がぬれていないか、定期的に確認する必要がある。

その他の記事/過去の記事
page-top