【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「線状降水帯」とは

本紙掲載日:2017-08-22
1面

県、市町村の防災担当者が勉強会

◆大雨予測時の対応も策学ぶ

 7月5〜6日の九州北部地域での記録的豪雨の要因となった「線状降水帯」に関する勉強会が8月21日、県庁であった。県各土木事務所や市町村の防災担当者ら約60人が参加し、発生メカニズムや、急激な大雨が予測される際の対応策などを学んだ。

 宮崎地方気象台は福岡、大分県で発生の線状降水帯について、「上空寒気による不安定な大気状態が続く中、冷たい空気と暖かく湿った空気の境界付近の朝倉、日田市上空に積乱雲が次々と発生。猛烈に発達しながら連なり、強い雨を継続的に降らせた」と説明。

 平成27年7月に宮崎市から北または北西方向に発生し、日向市や美郷町などに激しい雨を降らせた事例などを挙げ、「発生予測が難しいのが特徴だ」と強調した。

 県砂防課の松山重保主幹は、福岡県の土砂災害警戒情報発表が7月5日の午後2時10分だったとし、「通常は2時間後に60分積算雨量などが警戒情報基準に到達すると予測して出すが、実際には2時50分には発表基準に達していた」と、同降水帯の恐ろしさを指摘。

 その上で、本県で同降水帯による急激な豪雨想定時の対応として、土砂災害警戒情報は発表基準に到達していなくても、気象台との協議で早めに発表する可能性があることや、その際は市町村は避難勧告などの検討をするよう求めた。伝達はホットライン(各土木事務所から各首長へ直接電話)が基本も確認した。

 日向市防災推進課の長友正博課長は「線状降水帯による大雨が考えられる際は県や気象庁から情報を得ながら、避難の準備、指示などを住民に的確に伝えていきたい」と気を引き締めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top