【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「いのちの営み、次世代へ」第2部(1)

本紙掲載日:2017-07-17
1面
鳥屋岳で希少植物の保護活動に取り組む興梠幸男さんと妻の任香さん

祖母、傾、大崩ユネスコエコパーク登録

◆林業と植物保護両立−エコパークの理念実践

□高千穂森の会

 木漏れ日が降り注ぐ森に緑のじゅうたんを敷いたような林床が広がる。高千穂町押方の鳥屋(とや)岳(標高772メートル)。ラン科のクマガイソウ、ユキノシタ科のキレンゲショウマなど30種近い希少植物が自生し、県の「重要生息地」にも指定されている。

 広さ57ヘクタールの山林を所有・管理するのは「高千穂森の会」会長の興梠幸男(よしお)さん(76)と妻の任香(たえか)さん(76)。山の中腹に暮らし、林業で生計を立てながら希少植物の保護活動に熱心に取り組んでいる。

 絶滅危惧種のクマガイソウは4月下旬からから5月上旬、キレンゲショウマは7月下旬とそれぞれの開花時期に合わせて一般に公開。県内外から年間約千人の植物愛好家らが観賞に訪れる。同町を含む県北5町村が「世界農業遺産」に認定された平成27年以降は、海外からの研究視察も増えているという。

 興梠さん夫婦が、希少植物の保護活動に力を注ぐようになったのは約30年前。県が打ち出した「フォレストピア(森林理想郷)構想」の「フォレストインストラクター」養成講座を受講したのがきっかけだった。

 「それまではいかに収入を上げるかだけだった」(幸男さん)が、専門家を招いた年間180時間に及ぶ講座は「植物に関して目からうろこが落ちるようなことばかり。経済的な視点ではなく、森林環境を維持しながら林業に取り組む契機になった」と振り返る。

 以来、森の会のメンバー11人らと共に杉の人工林で下刈りや間伐、枝打ちなどの手入れを徹底。日の光をほどよく取り込むようになった林地は、下層植物や昆虫、微生物がすみやすい環境に姿を変えた。それまで気付くことがなかった植物の多さに驚いた2人は、図鑑で調べたり、詳しい人に聞くなどして知識を深めたという。

 さらに、ケヤキ、カエデ、カシなどの広葉樹約1万8千本を植樹するなど次代を担う子供たちのための「遊学の森づくり」「癒やしの森づくり」にも力を注いでおり、一連の取り組みは「人工林と希少植物の保護を両立したモデルケース。人と自然が共生するユネスコエコパークの理念を実践している」として専門家から高く評価されている。

 興梠さん夫婦は「これまで学んだり、経験してきたことを子や孫の世代に伝えていくことも私たちの役目」と話し、「ユネスコエコパークの登録を機に、多くの人たちが自然に目を向け、興味を持つきっかけをつくっていかなければならない。これからも多くのことを学び、視野を広げていきたい」とさらなる意欲を見せている。

           ▽         ▽

 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの登録決定から1カ月。対象地域内で自然保護に取り組む人たちや話題を紹介する。

その他の記事/過去の記事
page-top