【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地震が影響、5期ぶり赤字−高千穂観光協会

本紙掲載日:2017-06-30
3面
一般社団法人高千穂町観光協会の今年度定時社員総会
2個人、1グループに賞状と記念品を贈った観光功労者表彰

世界農業遺産など追い風に−プラン企画

 一般社団法人高千穂町観光協会(佐藤哲章会長)の今年度定時社員総会は29日、同町自然休養村管理センターで開いた。239会員のうち211会員(委任状含む)が出席、28年度の収支決算や29年度の事業計画案・収支決算案など3議案を原案通り承認したほか、任期満了に伴う役員改選で佐藤会長を再任した。

 28年度の決算は、昨年4月の熊本地震発生以降、客足が大きく落ち込んだことなどが影響し、高千穂峡で運営する貸しボートや直営売店、町中心部の「まちなか案内所」、観光神楽「高千穂神楽」などの売り上げが前年度から軒並み減少。総収入は前年度比5513万円(16・7%)減の2億7383万円だった。

 対する人件費や管理費などの支出は2億9736万円。前年度から2573万円余り圧縮したものの、総収入を上回り、2353万円の損失を計上、5期ぶりの赤字となった。

 今年度は、財政再建を図るとともに、1月に観光庁から登録された日本版DMO候補法人として観光戦略の立案に向けた取り組みを進める。また、外国人旅行客を含めた観光客の誘客活動、世界農業遺産、ユネスコエコパークの認定、登録を追い風にした旅行プランの企画、近隣の観光協会との周遊型観光地連携事業などに力を入れる。高千穂峡の危機管理についても専門業者の協力でさらなる安全対策を図る。

 役員改選では、会長と佐藤功宏副会長を再任。理事16人のうち2人、監事2人のうち1人を新たに選んだ。任期は2年。

 新役員は次の通り(○は新任)。

会長=佐藤哲章(かみのや)▽副会長=佐藤功宏(神仙)▽理事=佐藤雅高(千穂の家)押方章憲(あららぎ乃茶屋)今長大(今国旅館)馬原俊一(おみやげ一久)飯干淳志(民宿まろうど)川辺忠己(川辺印刷)松本和幸(居酒屋無我夢中)児嶋佐代子(そば処天庵)○寺内章(京美堂)橋本昭市(橋本建装)工藤浩章(天岩戸木彫)江藤敏夫(江藤産業)飯干修誠(高千穂酒造)○今村康薦(光栄建設)▽監事=下堂薗一将(南九州コンサルタント)○竹村安博(タケムラ不動産)

◆功労者を表彰

 高千穂町観光協会は6月29日、観光功労者として国指定重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」の伝承に取り組む飯干政治さん(65)=上野=、飯干金光さん(65)=向山=、積極的な地域づくりに取り組む五ケ村村おこしグループ(佐藤光代表、岩戸)を表彰。佐藤会長が賞状と記念品を贈った。

その他の記事/過去の記事
page-top