【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験−おもちゃコンサルタントに聞く

本紙掲載日:2017-06-23
6面
実際に木のおもちゃに触れて遊んで、その楽しさを体験

門川町中生が日向支社で記者体験

 門川中学校3年生の岩切大葵(だいき)君と原田創太君は21、22日、夕刊デイリー新聞社日向支社で職場体験学習を行い、記者の仕事を体験しました。21日は、日向市江良町で木のおもちゃ専門店「どんぐりの森」を営む「おもちゃコンサルタント」の大坪こず恵さんにインタビューし、仕事のやりがいや木のおもちゃへの思いなどを取材しました。岩切君と原田君の記事を紹介します。


◆「もらう側の気持ちを考えて」−門川中3年・岩切大葵

 木のおもちゃ専門店「どんぐりの森」を営んでいる大坪こず恵さんは開業2年で、「おもちゃコンサルタント」の資格を持っており、とても優しい人です。

 大坪さんは「スイッチもないし、機械じゃないので、工夫しないと遊べないから、木のおもちゃは子どもたちに必要」と言っていました。

 この木のおもちゃは、特にお孫さんのいるおじいさん、おばあさん方に人気があり、プレゼント用に買っていく人もいるということです。

 大坪さんの目標は「たくさんの人に木のおもちゃのことを知ってもらい、笑顔になってもらうこと」。普段気を付けていることは「お客さまはプレゼント探しの人が多いので、ラッピングをきれいにすること」です。

 「プレゼントをもらった人は、ラッピングがかわいいとうれしくなるから」と、もらった側の気持ちまで考えていてすごいと思いました。

 大坪さんの一番のお気に入りのおもちゃは「プルトーイ・バコ」。ひもで引っ張って歩かせるおもちゃです。イモムシのようなデザインで、カラフルな丸い玉がふぞろいに動いて、生きているみたいです。

 動き方がかわいらしいし、音も鳴るからお気に入りだそうです。実際に僕も歩かせてみたら、とてもかわいくて楽しかったです。

 店内の雰囲気はとても穏やかで、安心できる場所でした。木のおもちゃは全部で200種類ぐらいあると聞いてびっくりしました。

 一番すごいと思ったのが、商品に触れて遊べるところです。他の店だと商品が箱の中にあり、実際に触れたり遊んだりすることができない場合があります。しかし、このお店では実際に遊べるので、おもちゃ選びが楽しくなるし、買って後悔することもないと思いました。

 大坪さんのお話を聞いて、働くということは自分の利益だけではなく、相手の気持ちもいろいろと考えなければいけないことに気付きました。


◆「木のおもちゃにわくわく」−門川中3年・原田創太

 木でできたおもちゃを販売している「どんぐりの森」の大坪こず恵さんは延岡市出身で、結婚を機に日向市に移り住みました。子どもが生まれ、どんなおもちゃが必要なのか考えるようになり、見て触って、わくわくする木のおもちゃの楽しさを伝えたいと2年前にこのお店をオープンしたそうです。

 大坪さんは、とても明るく優しい人で、店の雰囲気もおしゃれで明るい感じでした。

木のおもちゃを販売する理由を聞くと「機械じゃないからスイッチがなく、工夫しないと遊べないから」と話してくれました。おじいちゃん、おばあちゃんが孫にプレゼントするため購入することが多いということです。

 大坪さんは「おもちゃコンサルタント」の資格を持っています。この店を経営していく中で目標を聞くと「プレゼントなどをきっかけに、この木のおもちゃが話題になり、知ってもらうことです。ラッピングなどを丁寧にし、店内をきれいに保つことに気を付けています」と言っていました。

 大坪さんのお気に入りのおもちゃは「プルトーイ・バコ」というイモムシのようなおもちゃです。ひもで引くと、面白い動きをしたり、音を出しながら付いてくる、カラフルでかわいいデザインのおもちゃでした。

 最後に、大坪さんにやりがいについて聞いてみると「お客さまがおもちゃを見て喜んでくれるときと、デザインやラッピングを見てかわいいと言ってくれたときです」と笑顔で話してくれました。

その他の記事/過去の記事
page-top