【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小野(延岡)、世界選手権へ

本紙掲載日:2017-06-21
9面
五島長崎国際トライアスロン大会で優勝した小野さん

五島長崎国際で女子総合V−トライアスロン

◆「出るからには1位を」

 トライアスロンの「2017五島長崎国際大会」は11日、長崎県五島市の福江島で行われ、延岡市北川町の小野英子選手(40)が女子総合と40〜44歳の部で優勝し、来年7月にデンマークで開かれる「ITUロングディスタンス世界選手権フュン大会」への出場を決めた。

 トライアスロンは水泳、自転車、長距離走の3種目を連続して行う競技。同大会は世界大会の選考対象で、各年代の1〜12位に出場資格が与えられた。

 五島長崎国際大会に初出場の小野は水泳3・8キロ、自転車180・2キロ、長距離42・2キロ、総距離226・2キロのレースにエントリー。18歳から70代後半までの777人(女子65人)が参加する中、12時間12分32秒のタイムで1位に輝き、世界大会への切符を手にした。

 小野は中高時代、ハンドボール部に所属。社会人になっても続けたが、次第に物足りなさを感じ始め「何か打ち込めるものがほしい」という思いからトライアスロンを始めたという。

 初めて臨んだ大会で1位。その後は国内外の大会に出場して実戦経験を積んだり、栄養学を学んで食生活を意識するなど、厳しいレースに耐え抜く体づくりなどに努めている。

 トレーニングは週に6回。北川町の福祉施設で総事務長として勤める傍ら、同市浜町のフィットネスクラブターザンで藤田剛央コーチと水泳の特訓や、延岡マラソンクラブに所属し長距離走を強化している。

 週末には自宅から都農町川北の都農ワイナリーまでの往復約140キロのコースなどを自転車で走行。「空腹になっても一定のペースを保つために朝食や昼食を抜いて走っている」という。

 来年の同大会までに三つのレースに出場する予定。「世界選手権を見据えて調整していくが、出るからには全ての大会で1位を狙いたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top