【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

漬物の試作品完成−延岡産のタマネギ使用

本紙掲載日:2017-05-11
8面
タマネギの漬物の試作品(右からワイン、甘酢、しょうゆ漬け)
開発の取り組みを報告する山本代表幹事

延岡異業種交流プラザ

◆今年度中の商品化を目指す

 延岡市の特産品を生かした新商品開発に取り組む「延岡異業種交流プラザ」(会長・稲田義美花菱塗装技研工業会長、19社)は、延岡産タマネギを使った漬物の開発を進めている。このほど、試行錯誤の末に3種の味の試作品が完成。さらなる改良を重ね、今年度中の商品化を目指すという。

 同プラザは、異業種の会員相互の交流を通じて中小企業の発展と技術の向上を図ることを目的に、昭和59年に設立。6年ほど前から6次産業化による新商品開発に取り組んでいる。タマネギの漬物は、同プラザが栽培しているタマネギを使い、3年ほど前から市の補助を受けてスタートした。

 商品開発に当たり、延岡の特産の食材についてアンケートを行った結果、タマネギと回答する市民が多かったため、タマネギを使った漬物の開発を決定。県工業技術センターや食品開発センターと連携し、9種の味の漬物づくりを進め、好評の「ワイン」「しょうゆ」「甘酢」に漬けた3種の試作品を作った。

 同プラザの山本俊幸代表幹事ら3人は8日、試作品を手に市役所を訪問し、首藤正治市長に事業を報告。3種とも試食した市長は「ワイン漬けはワインの味と香りが豊か。お酒のつまみにも良さそう」などと感想。山本代表幹事は「料理に添える一品として、飲食店などにもPRしたい」と話した。

 試作品は今後、材料や味付け、包装などの改良などに加え、価格設定などを検討した上で商品化する見通し。

 山本代表幹事は「単品を食べるだけでなく、アレンジ料理を提案するなど付加価値を付けて情報発信し、延岡市の新しい名物、土産物にすることができれば」と期待を寄せている。

その他の記事/過去の記事
page-top