【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域とのつなぎ役「地域担当職員」

本紙掲載日:2017-05-11
3面
十屋市長から辞令を受ける地域コミュニティ課の関本さん

日向市、6月から配置

 自治会の活動支援を目的に日向市は、地域と行政のつなぎ役となる「地域担当職員」を6月から配置する。大字区ごとに5人程度の担当職員を決め、各区の意見や要望を市の担当課へ取り次ぎ、地域課題にすみやかに対応できるよう努める。

 市地域コミュニティ課によると、同職員はそれぞれの通常業務と兼務し、原則として勤務時間内に地域担当の業務も担う。具体的には区長から意見や要望、相談を聞いて、担当職員が各課へ対応を依頼。その後は直接、各課から区長へ回答するという。

 地域担当は管理職以外の職員から公募。初年度は南部に6人、富高、財光寺、日知屋本郷、日知屋枝郷、細島、平岩、東郷に各5人、新町、塩見に各3人を配置する。任期は2年。

 辞令交付式は10日に市役所であり、地域担当の10地区47人の職員が出席。代表して平岩地区を担当する関本千春さん(地域コミュニティ課)が十屋幸平市長から辞令を受け取った。

 十屋市長は「これまでの議員生活の中で、市のどこに相談すればいいか分からないという話はよく聞いた。4月から新しい区長になっている地区もあるため、皆さんには行政とのつなぎ役になってほしい。日ごろの業務と重なって苦労もあるかもしれないが、制度を通していろんな形で連携が密になることを期待している」などと述べた。

 今後は、来月上旬にある各地区の区長会に担当職員らが出向き、制度の概要説明など行う予定。

その他の記事/過去の記事
page-top