【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

町営の学習塾開設へ

本紙掲載日:2017-05-10
1面

7月、地方創生学力向上支援−美郷町

◆中3対象−民間の塾と提携

 美郷町は7月、町内の中学3年生を対象にした町営の学習塾「みさと未来塾」を開設する。高校受験を見据え、子供たちの学力を伸ばし、同町に将来貢献できる人材を育てようと、民間の学習塾と提携し、今年度初めて取り組む。

 これまで町内に学習塾は存在せず、生徒の多くは、中学校での学習だけで高校受験に挑んできた。町内の児童生徒の学力は県内では高く、人数は少ないものの、近年は宮崎市や日向市の学習塾に通う生徒も出てきている。一方で、保護者の意識差や収入差によって生じる学力の二極化も進んでいるという。

 このような状況を踏まえ、町は地方創生学力向上支援事業として、今年度予算に100万円を計上。「地方創生の根本は人づくり」と捉え「夢の実現に向け、子供たちに将来の選択肢の幅を広げてほしい」と、低料金で受講できる町営の学習塾の開設を決めた。町内に開設することで保護者の送迎の負担も軽減できる。

 提携するのは、延岡市と日向市で3教室を展開する白谷塾(白谷皓司代表)。教材や指導法の違いから、中学校側からの反発も予想された中、町全体の課題として共通認識を図ったことで、中学校側も前向きに受け止め、学習塾と中学校とで、互いに補い合いながら、一緒に生徒を支えていくことで一致した。

 前期(7〜10月)と後期(11月〜翌年2月)で、それぞれ申し込みを募る。受講料は各期8千円(教材費込み)。基本週1回とし、午後7時から同町の西郷ニューホープセンターで、数学と理科を中心に指導する。テスト前や夏休み期間中は回数を増やす場合もあり、希望に応じて他の教科も指導する。

 同町教育委員会の大野貴博指導主事は「例えば夏休み期間中は、中学校のサマースクールと重ならないように学習塾のスケジュールを組むなど、スムーズに調整していきたい」。また「ぜひ町内の中学3年生41人全員に受講してもらい、他校の生徒と切磋琢磨(せっさたくま)しながら、互いに良い刺激を受け合ってほしい」と期待する。

 来週までに町内3中学校で保護者説明会を開き、6月末まで申し込みを受け付ける。前期の開始は7月下旬を予定している。問い合わせは同町教育委員会(電話美郷66・3608)。

その他の記事/過去の記事
page-top