【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

好評−グランド・スーパーカート

本紙掲載日:2017-05-03
2面
高千穂鉄橋の上で停車。360度の景色に歓声
鉄橋の上では運転手さんがしゃぼん玉のサービス
グランド・スーパーカートは30人乗り
窓も天井もない座席からの眺めも“スーパー”

高千穂あまてらす鉄道

◆鉄橋の上でしゃぼん玉

 新緑の中を走る高千穂あまてらす鉄道のグランド・スーパーカートが好評だ。午前9時20分から午後4時発まで40分置きに11便運行。天岩戸駅を通過して高千穂鉄橋を渡りきった所まで30分で往復する。

 大型連休に入った4月30日の日曜日。午前11時ごろ、高千穂駅の切符売り場に行くと、すでに午後0時40分発まで満席。「午後1時20分発なら乗れます。10分前までに来てください」ということで切符購入。

 それまでどこかで食事をしてこようとしたところ、なんと駅構内にレストランがあり、カレーやうどん、ビールやコーヒー、つまみもあり、時間待ちの人たちでにぎわっている。それどころか、ふわふわ遊具もあり、子どもたちで大にぎわい。

    ▽   ▽

 時間がくると、ホームに並び乗車。席は向かい合わせの長椅子に定員30人。前と後に運転席があり、それぞれに乗員が着席。

 天井のないトロッコ風で、手の届くような新緑の下を通り気持ちが良い。「走行中は立たないでください」と注意があったり、「左は荒立神社です」と沿線案内も。

 2本のトンネルを通る時には天井にイルミネーションのサービス。昔のままという天岩戸駅を過ぎると、水面からの高さ105メートルの高千穂鉄橋(橋長352・5メートル)。

 橋の中央に来ると停車し「どうぞ立ち上がって結構です」。その高さに乗客から「わーっ」と歓声が上がった。

 乗員が前後からしゃぼん玉を飛ばして楽しい大サービス。風に飛ばされて谷に消えていった。

          ▽          ▽

 高千穂あまてらす鉄道には、心強い助っ人がいた。それは同社の発足後、大分市からボランティアで支援に訪れている阿部郁夫さん(53)。子どもたちに人気のふわふわ遊具も阿部さんの提供。本来は半導体製造に携わる技術者で、トンネル天井のイルミネーションなども阿部さんの手によるという。

 グランド・スーパーカートの料金は、高校生以上1300円、小中学生800円、未就学児400円。雨天と風の強い日は運休。

 問い合わせは同社(電話0982・72・3216)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top