【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

春の神楽まつり−イオン延岡店

本紙掲載日:2017-05-01
7面
最初に舞われた「鎮守の舞」
御幣を手に神楽を見る子ども

店内に神庭10保存会が舞う

 「第2回イオン春の神楽まつり」が4月29日、延岡市旭町のイオン延岡店であり、特設の神庭(こうにわ)で県北と西都市の保存会など10団体が神楽を15番披露した。

 神事で地域などの繁栄を祈願。同店の丸山譲次長が「見て楽しみ、感動してもらい、次の世代に引き継いでいただきたい」、出演団体の取りまとめを行った「城山かぐらまつり」の山崎洋一実行委員長は「来場者の方々に『良かった』と言ってもらえる神楽を見せたい」と話した。

 神庭をはらい清める「鎮守の舞」で始まり、「三番荒神の舞」「鈿女の命舞」などが行われ、最後に天照大神を岩戸から誘い出す様子を表した「手力男・戸開」で幕を閉じた。

 笛、鉦(かね)、太鼓の音が店内に響き、来店客は足を止めて子どもたちの軽やかで力強い舞や、大人の熟練した舞に見入った。

 神楽の合間には健康などに御利益があるとされる獅子頭の頭かみもあるなど、見物客は神楽を楽しみながら無病息災などを願っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top