【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「応分負担の覚悟ある」

本紙掲載日:2017-04-19
1面
河野知事に県営総合体育館整備についての要望書を手渡す首藤正治延岡市長

首藤市長ら知事に要望

◆ぜひ延岡に総合体育館を

 2巡目国体に向けた県有スポーツ3施設のうち、総合体育館の建設候補地の一つに延岡市民体育館敷地が挙がっていることを受け、首藤正治市長は18日、県庁に河野知事を訪ね、「県有施設誘致は市民の悲願。応分の負担をする覚悟だ」と述べ、整備を強く迫った。

 首藤市長はオリンピック代表を数多く輩出するなどトップアスリートの土地柄であることや、建設候補地から東九州自動車道延岡JCT・ICまで約4分の利便性を紹介し、「県とともにスポーツランドみやざきを強力にけん引する意味でも整備を」と求めた。

 施設の均衡配備による効果も力説。「東九州自動車道の無料区間という利点を生かし、隣県と連携した大会開催などで県全体の機能に厚みが加わる。東九州地域として九州全体の活性化に貢献などスポーツランドの新たな展開が期待できる」と力を込めた。

 候補地一帯は南海トラフ巨大地震が起きても津波浸水の心配がないことも強調し、「大規模災害時にはさまざまな形で活用できる」とした。

 同行した上田美利市議会議長も「県有施設ができれば、県北全域の浮揚につながる」、木原一成市体育協会専務理事も「市民は心から建設を願っている」と述べ、地元選出県議とともに知事の英断に期待を寄せた。

 知事は「主要3施設については現在、いずれも候補地を2カ所に絞って慎重に検討中。いろんな考慮すべき事項があるが、県全体、スポーツランドとしての将来を見据えてしっかり判断したい」と応じた。

 一行は蓬原正三県議会議長とも面談。この中で首藤市長は「身銭を切ってでも必要との思いを持っている」と伝え、誘致実現への協力を要請した。

その他の記事/過去の記事
page-top