【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

NPO法人つくしんぼ記念企画−現代国際絵画展

本紙掲載日:2017-04-18
7面

障害児・者の生活支えて10周年

◆5月13〜15日−延岡総合文化センター

 今年創立10周年を迎える延岡市桜園町のNPO法人つくしんぼ(金丸イツ子理事長)は5月13日から同15日まで、記念企画「現代国際絵画展」を延岡総合文化センター展示室2で開く。世界で活躍する国内外の有名アーティストらの作品を集めた。熊本地震復興支援などのチャリティーを兼ねており、金丸理事長は「多くの人に鑑賞していただきたい」と呼び掛けている。入場無料。

 つくしんぼは、障害者・児の生活を支える事業を展開しており、訪問介護サービス「つくしんぼ」、生活介護事業所「ふうせん」(日中一時支援事業含む)、単独型短期入所「そら」を運営する。

 障害のある子どもを持つ4人の母親が「この生まれ育った地域の中でいつまでも過ごしたい、過ごさせてあげたい」との思いで平成19年に同法人を設立した。

 同年7月に訪問介護サービスを始め、23年4月に生活介護事業所、昨年7月に単独型短期入所を開設。利用者の家族らの声や要望に耳を傾けながら事業の幅を広げてきた。

 金丸理事長は「事業を実施するにあたり大切なのは、出会いに感謝し、常に優しさと思いやりを持つことだと思っています。この10年、たくさんの方々に出会い、いろいろなことを学ばせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げに話している。今回の絵画展は「今までの皆さまのご支援への感謝を込めて」と計画した。

 絵画展のメーンとなるのは「祐子」さんの作品。企業のアートディレクションを手掛け、個展も成功させているアーティスト。「心から湧き出るビジョンと色彩を大切にしている」という絵画は写実的ながら独創的で色彩豊か。書家としての顔も持つ彼女は師範の腕前を生かした創作書も得意としており、書も出品する予定。

 また、文字の読み書きが困難な「ディスレクシア」という学習障害を持つイギリス人画家マッケンジー・ソープさんの特別展も同時開催される。

 「生まれた時はみんな〃白色〃。出会った人によって形や色が変わっていく」をコンセプトにオリジナルのかわいらしい白色のキャラクターを描くほか、ハート形をよく使用するのも特徴。温かみのある作品は国際的に高い評価を受けている。

 ほかに、日本画家の巨匠平山郁夫さん、ダウン症の天才書家金澤翔子さんら芸術家の作品など合わせて約120点が展示される。

 収益の一部は熊本地震の被災者への義援金や同NPO法人の活動支援金に充てるという。金丸理事長は「地域の皆さまに楽しんでいただきたい」と話している。

◆祐子さんサイン会−レセプションパーティーも
 障害持つイギリス人画家−マッケンジー・ソープさん−特別展も同時開催

 期間中、毎日3回、祐子さんのサイン会が開かれる。時間は午前11時、午後2時、同4時。オリジナルサインカードを進呈、ポストカードのプレゼントもある。

 また、絵画展の前日の12日には、レセプションパーティー「祐子画伯と集う会」を延岡総合文化センター展示室2で開催。午後5時30分から受け付け、同6時から立食形式で行う。祐子さんが作品解説を行う。誰でも参加できる。問い合わせはいずれも同NPO法人(電話延岡21・1288)。

その他の記事/過去の記事
page-top