【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ご当地バーガーをアピールしました

本紙掲載日:2017-04-18
2面
写真はバーガーを販売する片島さん(左)と富永さん

大正大学の地域創生学部の学生

 大正大学地域創生学部1期生が〃ご当地バーガー〃として発案した「Nobeokaハッピーバーガー」が15、16日、延岡今山大師祭でにぎわう延岡市山下新天街で販売され、同学部の大学生2人が店頭で売り込んだ。

 ブランド地鶏「みやざき地頭鶏」の胸肉を使ったチキン南蛮を、広がるユネスコ世界遺産、東北の白神山地で取れる天然酵母菌を使ったバンズ(パン)ではさんだ商品。わさびマヨネーズソースが味を引き立てる。

 昨年4月に新設された同学部の地域実習の中で、延岡班の学生7人が40日間、延岡の地域資源と活用方法などを探った。その中で考えた一つがご当地バーガー。延岡観光協会や地元のイタリア創作料理店「KANAYA」の協力で完成した。

 店頭では同学部2年の片島秀斗さん(19)と富永由也さん(19)が大師祭のボランティアとして参加した延岡星雲高校の生徒の力を借り、1日500個を目標に販売。市民にPRした。

 片島さんは「延岡を情報発信していくことを伝えると、『頑張ってね』と買ってもらえた。みんなに受け入れられるバーガーを目指したい」、富永さんは「食べていただいたお客さんから『おいしい』と言ってもらえた。さらに全国にPRしていきたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top