【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

いわき市、延岡市−兄弟都市締結20周年

本紙掲載日:2017-04-17
3面
延岡市といわき市の関係者約100人が参加した市民交流会
延岡大師祭の市中パレードで市内中心街を練り歩くいわき奉仕団の一行

お大師さんパレード、来延した50人が参加

 延岡市と福島県いわき市の兄弟都市締結20周年を記念し、いわき市の副市長をはじめとする交流使節団と、市民交流を目的としたいわき奉仕団ら計約50人が15、16日に来延し、交流会や延岡今山大師祭の市中パレードに参加するなどして延岡市民と触れ合った。

 両市は、江戸時代に陸奥国磐城平藩から内藤政樹公が7万石で延岡藩に入封した縁などで市民交流が進み、平成9年5月に兄弟都市を締結。以来、祭りをはじめ文化・スポーツなどさまざまな面で相互に交流。5年に1度、規模を広げて友情を深めている。

 15日夜は市内ホテルで市民交流会があり、関係者約100人が出席。両市の地酒の乾杯を合図に会話を弾ませていた。延岡商工会議所女性会や、鎌倉市にある内藤家墓所を清掃・供養しているいわき奉仕団が郷土芸能を披露。「ばんば踊り」と「いわき踊り」を共に踊り盛り上がった。

 16日は延岡今山大師祭の市中パレードに参加。奉仕団は兄弟都市締結20周年を祝う大きな横断幕を掲げ、山下新天街南詰め付近から祇園町や中央通の沿道の延岡市民に笑顔で手を振りながら、友好をPR。大名行列を披露した交流使節団は、侍姿などにふんして勇壮に練り歩いた。

 市民交流会で首藤正治市長は「これだけ密度の濃いお付き合いができ、ありがたい気持ちでいっぱい。これからも深めていきたい」、いわき市の鈴木典弘副市長は「交流を通して両市の歴史や文化を学ぶことは、郷土愛を醸成することにもつながると考えている」などと述べ、さらに両市の絆を太くしていくことを誓った。

その他の記事/過去の記事
page-top