【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ホーリーバジル茶−16日から販売開始

本紙掲載日:2017-04-15
2面
十屋市長に商品化したホーリーバジル茶を手渡す鈴野会長
16日に販売がスタートするホーリーバジル茶(ティーバッグ)の3種

東郷まちづくり協議会

 薬草の里づくり事業を進めている日向市から、東郷まちづくり協議会が受託して栽培した薬用植物「ホーリーバジル」を、16日から同協議会がハーブティーの加工品(ティーバッグ)として販売する。同事業がスタートして初めての商品化で、販売を控えた13日、同協議会の関係者らが十屋幸平市長を訪ね、「ホーリーバジル茶」を贈呈してPRした。

 訪問したのは、同協議会の鈴野淺夫会長(66)や薬草栽培プロジェクトチームの寺原正リーダー(68)、日向市薬草の里づくり研究会の那須成章会長(70)、市農林水産部ブランド推進課の関係者。

 インドやネパールで伝統的に飲まれているハーブティーで、試飲した十屋市長は「後味すっきりで、色も特徴的。ハーブの香りがしてリラックスでき、『リラックスタウン日向』にぴったり。温泉や風呂でも楽しんでもらえると面白い」と話した。

 鈴野会長は「どのように広げていくか課題だが、問い合わせもある。癖になる味なので、口コミで販売が広がる期待感も。健康志向で薬草ブームでもあり、メンバーを増やして活動を浸透させたい」と話した。

 同市は平成27年10月、熊本大学薬学部と連携協定を締結。市の委託を受けた同協議会は昨年3月から、同学部のバックアップを受けながら同市東郷町坪谷の牧水公園隣にある薬草栽培実証ほで9品目の試験栽培を行ってきた。

 このうち、ホーリーバジルは同7月から苗植えし、11月に収穫期を迎え、洗浄や乾燥、裁断などの工程を経て、パック詰めして700セットを商品化した。

 販売するのはヒマラヤ種、アジア種(紫)、同(緑)の3種。価格は各500円(5バック入り)のキャンペーン価格。1バック当たり急須で数回飲むことができる。販売期間は今年いっぱいの予定。同公園内の牧水庵、道の駅とうごう内の東郷町物産センター詩季彩、JR日向市駅構内のまちの駅とみたか物産館、スマイルホーム(日向市手をつなぐ育成会運営)や各種イベント会場で販売する。

 同会が取り組む薬草栽培は遊休農地の解消や産地化、商品の開発などが目的。今年度は、国内で市販されていないヒマラヤ種を中心に栽培規模の拡大を図るのをはじめ、地元で採れる山野草を含めた薬膳料理を開発する計画もあるという。

 鈴野会長は「食を通じて東郷町や牧水公園に人を呼び込んで、観光地づくりにつなげていきたい」と意欲的に話した。

◆ホーリーバジル

 シソ科の植物。原産地は熱帯地域。葉や茎、花のすべてを食用や薬用として活用できる。最も香りの強い開花時期には、花も一緒に摘み取ってハーブティーやポプリにして楽しめる。抗酸化成分がストレスホルモンを抑制し、若返りのホルモンを活性化させるといわれている。葉っぱに含まれるエーテルには強力な抗菌効果があり、生活習慣病や肝機能低下、冷え症など体の不調を和らげるという。ヒマラヤ山脈の麓ネパールでは風邪の時にせきを鎮め、解熱薬として、また抗不安薬として子どもから大人までが服用。「神の草」と呼ばれているなど、重要な薬用植物として各家庭に1本植えられているという。

その他の記事/過去の記事
page-top