【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新作登場、華やかさ増す

本紙掲載日:2017-03-31
2面
ちりめん細工の桜と蚊帳で作った壁飾りが加わった展示会場と「西郷さげもんクラブ」の会員たち
田村さんが手作りした竹飾り。神楽殿の周りに5基
一針一針丁寧に作られたさげ飾り

お雛さまとさげ飾り展−美郷町西郷

 手芸好きな美郷町の女性たちによる「お雛(ひな)さまとさげ飾り展」が、旧暦3月3日に当たる3月30日から、美郷町西郷田代の年乃神神社(通称・田代神社)で始まった。4月9日まで。

 西郷地区生涯学習講座として開講し、今年度独立した「西郷さげもんクラブ」(阪本恵美子代表、13人)が、平成26年から行っており4回目。新暦は農繁期と重なるため、今年は旧暦に合わせた。

 同クラブの作品は「一針一針丁寧に縫われていて完成度が高い」と好評。今年は、ちりめんの桜の花を蚊帳に縫い付けた壁飾り、1本物のさげ飾り、つまみ細工の松ぼっくりなど新作が多数。ひな人形も延岡市や北郷から寄せられたものが加わり、華やかさがさらに増した。ひな人形の七段飾りは6組、さげ飾りは約30本あるが、総展示数はもはや数え切れない。

 神楽殿の正面を彩る竹飾りも、近くに住む元郵便局員の田村伸幸さんの手作り。「毎年お正月に工夫した門松を飾っているので、手作りが好きに違いない」と見込んだ阪本代表が「神楽殿の外に何か飾りを」と頼んだところ「想像以上のものを作ってもらえてびっくり」。竹垣風で、ろうそくをともせるようになっている。

 阪本代表は「4回目になって作品が充実してきました。いろんなさげ飾り、壁飾りがありますので、どうぞ見に来てください」と多くの来場を呼び掛けた。

 開場は午前10時から夕方まで。期間中の土曜日(1、8日)は、竹飾りに火をともし、午後7時頃まで開場する。

その他の記事/過去の記事
page-top