【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

豊作や安全、健康祈る

本紙掲載日:2017-03-27
2面
矢野大和君による三番荒神
小学生4人が舞った幣の手舞
お接待で餅が配られた

かわざか花物語里神楽&第4回春祈祷祭−延岡市北川町

 延岡市北川町の川坂母子健康センターで25日、「かわざか花物語2017里神楽&第4回春祈祷(はるぎとう)祭」があった。あいにくの雨模様となったが、地域の人たちなどが訪れ、催し物を楽しんだ。同実行員会(安藤重徳会長)主催。

 同地区では、昭和20年代まで、早春に豊作と農作業の安全や区民の健康を願う春祈祷を行っていた。長年途絶えていたが、にぎわいや活力を取り戻し、地域の絆を深めようと、4年前に川坂神楽保存会(小野雅春会長)の40周年を機に、約60年ぶりに復活させた。

 今年は、花物語と銘打ち、川坂区の名所を巡る「菜の花ウオーク」を新たに企画していたが、あいにくの天候で中止。神楽やベリーダンスなどの催しは計画通り野外のステージで実施した。

 同保存会による神楽式では「鎮守」「幣の手舞」「三番荒神」を披露。幣の手舞では、白坂陽菜さん(12)、矢野愛子さん(12)、矢野未琴さん(10)、矢野篤子さん(8)が4人で初めて舞った。

 三番荒神も矢野大和君(11)が堂々と舞い、子どもたちの神楽に来場者からは温かな拍手が送られた。

 神楽のほか、日向市出身の小田矢かな(晃正げんぺい音楽事務所所属)のステージや「光みつお劇団」の芝居、お楽しみ抽選会などがあり、来場者を楽しませた。

その他の記事/過去の記事
page-top