【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

王座奪還に大盛り上がり

本紙掲載日:2017-03-25
3面
約260人が参加した旭化成陸上部後援会の総会
会員表彰を受けた(右から)茂木選手、市田孝選手、市田宏選手
抱負を語る新人の齋藤選手(左)と関口選手
引退のあいさつをする足立選手(右)と大西選手

ニューイヤー駅伝優勝を祝う−旭化成陸上部後援会

 旭化成陸上部後援会の第25回総会が24日、延岡市のホテルメリージュ延岡であり、選手や会員約260人が参加。改めて18年ぶりのニューイヤー駅伝優勝を祝った。今季は佐々木悟選手、村山紘太選手がリオデジャネイロ五輪に出場。元日のニューイヤー駅伝では歴代最多22回目の王座奪還を果たし、会場は大盛り上がりだった。

 後援会総会は、年度末に会員と選手、スタッフが触れ合う恒例行事。

 今季で退任する後援会の谷口龍会長が「最後の年に素晴らしい走りを見せてもらった。会員も若い人が着実に増えており、延岡地区で現在906人の会員を大野勝則新会長の下、1000人越えを目指してほしい」。

 来賓の山添勝彦旭化成延岡支社長は満員の会場に「市民の皆さんが陸上部を愛してくれていることを感じる。選手は勝利の味を胸に刻み、次につなげてほしい」とあいさつした。

◆引退、新人選手紹介

 引退者や新人選手が紹介され、引退する足立知弥選手(31)は「社業でも自分らしくコツコツとやっていきたい」。昨年12月に引退、コーチに就いた大西智也コーチ(29)は「チームの発展のため、選手をサポートしていく」と話した。山本佑樹コーチが退部することも紹介された。

 来季の新人は2人。亜細亜大から入社の関口海月選手(沖縄・北山高)は「スタミナ不足という課題を克服し、日々、初心と感謝を忘れず、行動していきたい」。佐々木選手の母校・秋田工高から入る齋藤椋選手は「名門旭化成のすばらしい環境で、個人のレースだけでなく駅伝のメンバーに食い込めるよう頑張りたい」と話した。

◆感動した選手など表彰

 恒例の会員表彰では「今年度最も頑張った選手」に市田孝選手、「今年度最も感動した選手」に市田宏選手、「来年度最も期待する選手」に茂木圭次郎選手が選ばれた。

 孝選手は「後援会の皆さんの応援がいつも自分たちの力につながっている。世界陸上のある今年も1年間、しっかり結果を出したい」。双子の弟、宏選手は「昨年、この場で次は自分もと思っていたのでうれしい。来年ももらえるよう次はトラックやマラソンで結果を重ねたい」。茂木選手は「駅伝メンバーにも入っていないのに選ばれた。皆さんに期待してもらっているということを大事に、一つ一つ頑張っていきたい」と感謝した。

その他の記事/過去の記事
page-top