【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夏鳥の「コマドリ」−県の絶滅危惧種

本紙掲載日:2017-03-18
1面
行縢山に飛来したコマドリ。鳴き声は聞かれなかった(12日撮影)

行縢山で1羽確認

◆野鳥の会県北支部「3月、珍しい」

 延岡市の行縢山に先日、県の絶滅危惧種で夏鳥の「コマドリ」1羽が飛来しているのが確認された。日本野鳥の会県支部(前田幹雄支部長)によると、県内では例年5月ごろからの記録が多く、3月に観察されるのは珍しいという。

 コマドリ(ヒタキ科)は全長14センチ。スズメよりやや大きく、頭から上胸にかけてのオレンジ色の羽毛が特徴。「ヒンカラララ」と馬のいななきに似た鳴き声が名の由来で、ウグイス、オオルリと共に「日本三鳴鳥」の一つに数えられる。

 県内では、祖母傾山系や大崩山など高い山地に渡来し、スズタケなどが茂った森林で繁殖する。移動の季節には低地でも確認され、行縢山では平成2年、4年のいずれも4月に記録があるという。また、同6年2月には延岡市北方町でも観察されている。

 野鳥の会県支部は「コマドリは基本的には夏鳥となっているが、まれに冬にも記録があった。今回行縢山で確認されたのは、低地で冬を過ごし、これから高所へ向かう個体ではないか」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top