【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

97歳の濱松潔さん作品展

本紙掲載日:2017-03-03
6面
短冊作品の一部

我が父ここにあり

◆10日まで虎屋サロン−延岡

 「我が父ここにあり〜方財のアーティスト・濱松潔作品展」が10日まで、延岡市幸町の虎屋サロンで開かれている。

 濱松潔(はままつ・きよし)さんは同市方財町生まれの97歳。若い頃から独学で書、水彩画、短歌など創作活動を楽しんできた。旭化成に勤めていた時、勤務地から家族に宛てたはがきや知人宛ての年賀状は、色鮮やかな書画作品だ。

 退職後は地域活動に力を注ぎ、平成14年に夕刊デイリー明るい社会賞を受賞した。「娘ながら父を誇らしく思います」と一人娘の節子さん(72)。

 作品は、地区の文化祭で少数を展示したことはあるが個展は初めて。節子さんが企画し、夫の義士(よしひと)さん(76)と準備した。

 展示数は、自宅で保管していた中から厳選しても109点に及んだ。家族宛てのはがき、短冊の縦長の構図を生かした書画、色紙に描いた水彩画など。

 短歌は「二人畑区切りをつけて昼飯のおかずにせむと大根を抜く」「振り返り一言言って欲しいのに返り見もせずハマ子急げり」など。10年前に89歳で亡くなった妻ハマ子さんとの仲むつまじさが伝わってくる。

 壁いっぱいに展示された自分の作品を見て潔さんは「われながらびっくり。一つ一つ大事に描きましたが、まとめてみると、一段と意味合いが深くなる。こんな場を持たせてくれた娘に感謝」と笑顔。そして「『無より有への転換』が私の信念。努力すれば、無いものも有るようにできるということです」と、97歳にしてなお力強い。

 節子さんは「大変だったけれど、お父さんがこんなに喜んでくれて、やってよかった」と話していた。



壁いっぱいに展示された作品を前に笑顔の濱松潔さん。後ろは娘の節子さん、義士さん夫婦
その他の記事/過去の記事
page-top