【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡星雲高ミライ学

本紙掲載日:2017-02-27
7面
残留塩素測定の実験を行う延岡星雲高の生徒

九州保健福祉大で薬剤師の仕事学ぶ

 延岡星雲高校(星衛俊一郎校長)は23日、普通科1年生164人を対象にした「ミライ学」を実施し、延岡市吉野町の九州保健福祉大学で講義を受けた。実際に大学で学ぶことで進路を考える契機にしてもらうことが目的。

 生徒は2班に分かれ、講義と実験を体験した。薬学科の大塚功准教授は「将来の生き方」と題して講義を行い、薬剤師の仕事内容や大学を選ぶ際の注意点などについて紹介。「薬剤師の仕事は増えており、今後も増え続けていく。慢性的な人員不足で就職率はほぼ100%」と話した。

 また、薬の剤形や効果といった専門的な学習も行った。剤形には内用薬、外用薬、注射薬などがあること、服用は簡単だが効き目の調節は難しい「錠剤」に対して「注射剤」は専門家による投薬が必要だが効き目は強いことなどを伝えた。

 最後に、薬剤師になるための必要科目は多岐にわたるといい、「『こうなりたい』という強い意志があればたどり着けます」と話した。

 一方、同学科の前田明寛助教授と甲斐久博講師による実験学習では「利き水」や水の硬度測定などを行った。外国産と国内産のミネラルウオーター、水道水の三つを飲み比べたり、残留塩素(カルキ)測定により水道水とミネラルウオーターを区別したりした。

 受講後、児玉大樹君は「大学へ進学を予定しています。今勉強していることが進路や将来の仕事で役に立つことが改めて分かったので、しっかりと勉強していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top