【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

活動をPR、交流深める

本紙掲載日:2017-02-17
2面
県女性消防団員活性化大会
活動報告をする延岡市消防団女性消防隊員

県女性消防団員活性化大会−延岡

 女性消防団員の活動をPRし団員相互の交流を深めようと第3回宮崎県女性消防団員活性化大会が10日、延岡総合文化センターであった。県北では初の開催で、県内各市町村の女性消防団員と消防関係者ら約230人が参加、活動報告などを行った。

 ラッパ隊のファンファーレで華やかに開幕。実行委員長でもある延岡市消防団女性消防隊の甲斐良子隊長が、「皆さまと同じ思いを持つ女性団員が集まりました。県北ブロックの団員が総力を結集して運営します。一緒に楽しい時間を過ごしましょう」と開会の言葉。

 主催者の日眸坊県消防協会長が、「今後も地域のリーダーとして、住民の安心と安全の確保に一層精進してください」とあいさつした。

 県危機管理統括官の畑山栄介氏、首藤正治市長らの来賓祝辞に続き、バレンタインフラワーとして、日盒┣馗垢蕕ら、実行委員の女性団員に花束が贈られた。

 活動報告には延岡市、日向市、西臼杵3町の団員が登壇し、それぞれの団の概要や年間の訓練、啓発活動の内容を報告した。

 このうち延岡市は、昨年162回の応急手当て講習があり、その半数以上に女性隊員が参加したことを紹介。「私たちが参加することで会場の雰囲気が和らぎ、参加者や消防職員の方にも喜ばれています」と話した。

 日向市は、出初め式や操法大会の裏方として式典を支えていることを紹介。地域密着型の活動にも触れ、「近年は認知症高齢者の捜索も多くなり、社会福祉会などの講習に参加して、声の掛け方や接し方を学んでいます」と話した。このほか、新年度から門川町と椎葉村でも女性消防団が発足することが報告された。

 アトラクションでは、高千穂町旭ケ丘幼稚園の5歳児たちが神楽と太鼓を融合させたパフォーマンス、延岡市消防団ラッパ隊の吹奏に会場が沸いた。

 県北の特産品がもらえる消防関連クイズでは、女性消防団員の夫を当てるものや、山間部の団員が夜警巡回中に出会ったものを、「クマ」「シカ」「ひょっとこ」から選ぶものなど、ユニークな問題も出題され、会場は笑いに包まれた。

 休憩を挟み、都城市在住で「コスプレ美魔女講演家キャサリン」として活躍する相良照代さんが、「笑う門には美も来るよ」をテーマに講演。大会の後は会場を移して懇親会もあり、女性団員同士の交流を深めた。

その他の記事/過去の記事
page-top