【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新たにスナップエンドウ

本紙掲載日:2017-02-17
1面
今年度の成果報告や新年度の計画などを聞く出席者

延岡地区営農振興協議会、3カ年計画決める

 県や延岡市、JA延岡などの関係機関でつくる延岡地区営農振興協議会は13日、同市長浜町の県東臼杵北部農業改良普及センターで産地戦略会議を開いた。約50人が参加する中、今年度の成果や新年度の計画などが報告された。

 新年度から3カ年計画で新たに取り組む作物は、スナップエンドウと産直農産物。このうち、スナップエンドウは栽培しやすく、流通コストが安いなどのメリットのある有望作物。ただ、管内の収穫量が10アール当たり平均で1・1トンと低いのは栽培経験が少ないことによる管理不足だとして、同協議会では土壌消毒をはじめ、適切な施肥、加湿器の導入などを指導していくことを確認した。

 産直農産物は、直売所に出荷する農産物のことで、品目には特にこだわらない。出荷する産直会員に生産意識や生産意欲の温度差があることから、生産者グループによる研究会などを今後組織して品質向上を図る。当面はJA延岡直営の産地直売所「ふるさと市場」(同市恒富町)の産直会員を対象に行い、地元農産物の販売目標額3億円(現2・3億円)の実現を目指すことを申し合わせた。

 また、新年度が3カ年計画の最終年度となる玉ネギ、シキミ、お茶にも引き続き取り組む。具体的に、玉ネギはかん水設備の導入や1ヘクタール以上の大型農家の育成、販促活動の充実などで販売高1億円、シキミはJA延岡地域農業振興支援センター(同市祝子町)でのポット苗供給体制を確立するなどして販売高2億円の達成をそれぞれ目指す。お茶は所得向上のため、2番茶以降の対策などに取り組むことなどが報告された。

 同協議会は延岡地区の農業振興を目的に、栽培品目を絞って産地形成の戦略を練っている。毎月1回程度の研修会や現地視察などを通じて目標達成のための問題点などを掘り起こし、課題解決に取り組んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top