【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4月28日から宮崎国際音楽祭

本紙掲載日:2017-02-04
1面

17日間に17プログラム−世界的演奏家出演

 県と県立芸術劇場は第22回宮崎国際音楽祭の概要を発表した。4月28日から5月14日までの17日間に17プログラムを開く。バイオリンの巨匠ピンカス・ズーカーマンをはじめ、ウイーン・フィルハーモニーのコンサートマスターを長年務めたライナー・キュッヒルさんら世界的な演奏家が出演する。夕刊デイリー新聞社など協賛。

 出演者は海外から9人、国内は約100人。県内の合唱団やジュニアオーケストラなどから約300人がステージに立つ。

 メーンプログラムは5公演。演奏会1は「アジアン・フロンティア」と題してアジアの作曲家に注目した内容。ズーカーマンさんが率いる演奏会3はベートーヴェンの「運命」などを取り上げる。例年好評のオペラ・コンサートはヴェルディの歌劇「椿姫」を上演する。

 7公演あるスペシャルプログラムのうち、トーク・コンサート「Oh!My!クラシック」はNHKのクローズアップ現代でキャスターを務めた国谷裕子さんが音楽の思い出を語り、その音楽を徳永さんらが演奏する。「ポップス・オーケストラ」はNHKの音楽番組「クインテット」で幅広い層から人気を集めた宮川彬良さんが登場。ワンコインで1日に七つのコンサートを楽しめる「500円コンサート」などがある。

 サテライト公演はえびの市と西都市で開催。5月11日には熊本地震復興支援コンサートを熊本県内で開く。

 チケットの一般販売は3月3日から。問い合わせは同音楽祭事務局(電話0985・28・3208)。

その他の記事/過去の記事
page-top