【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「延岡花物語」開幕

本紙掲載日:2017-02-01
1面
菜の花が満開になった堤防に「延岡花物語」の旗を立てる実行委員
少しだけ咲いた天下一ひむか桜
本東寺・しだれ白梅の花
城山のヤブツバキ

五ケ瀬川右岸堤防−4月2日まで春を満喫

◆観梅会、このはなウォークなど

 早春の延岡市に咲く花々を楽しむ「延岡花物語」が、1日から始まった。4月2日までの期間中、延岡市野地町の五ケ瀬川右岸堤防を中心とするエリアで、菜の花、梅、天下一ひむか桜(河津桜)、ヤブツバキ、ソメイヨシノが順に見頃を迎える。10、11日には松山町の本東寺で「慧日梅(えにちばい)観梅会」、25、26日には野地町の堤防などで「このはなウォーク」、3月21日から4月2日までは城山で「ワイワイ花物語」がある。

 同堤防では、100万本の菜の花が既に満開となり、延長1・2キロの黄色い帯ができている。ひむか桜(300本)は全体的にはまだ「つぼみ堅し」の状態だが、一、二輪咲いた木もある。

 本東寺(松山町)の梅は咲き具合がまちまち。樹齢230年のしだれ白梅は日に日に花を開いているが、つぼみが例年より少ない様子だ。ほかに白梅50本、紅梅5本があり、咲き始めた木もあれば、つぼみの堅い木もある。

 城山のヤブツバキも108種と種類が多いため、ばらつきが大きい。既に落花している木もあれば、満開の木、つぼみをたくさん付けている木もある。3月12日午前10時から「第29回城山ヤブツバキを楽しむ会」がある。
実行委員会(谷平興二実行委員長)は花物語の期間中、インターネットでそれぞれの開花情報を発信する。

 イベントのうち直近の「本東寺・慧日梅観梅会」は2月10、11の両日午前10時から午後4時まで。延岡茶道連盟が境内で野だてを行う(一服300円、お菓子付き)。延岡史談会が境内の史跡を案内する(無料)。また、両日午後5時から8時まで境内がライトアップされる。

その他の記事/過去の記事
page-top