【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

より良い職場づくり考える

本紙掲載日:2017-01-21
2面
労働問題などについて学んだ新春経営支援セミナー

新春経営支援セミナー

 2017年新春経営支援セミナーは20日、延岡総合文化センターであった。県北の約30社から約40人が参加。専門家の講演を通して労働問題や労働基準法について理解を深め、より良い職場環境の創出について考えた。馬服&パートナーズ(同市桜小路)主催。

 主催者によると、顧客からの相談の中で最近特に多いのが時間外労働に関する質問という。そこで「改めて一緒に勉強する場を設けたい」と今回、延岡労働基準監督署労働基準監督官の生田正志さん、アールイー経営(熊本市)の嶋田利広代表取締役を講師に招いて開催した。

 このうち生田さんは、「経営者が放置していると大変なことになる労働問題と監督官の現場報告」のテーマで、過重労働で若手女性社員が自殺した「電通」など具体例を示しながら、賃金不払い(サービス)残業や過労死などについて労基法を解説した。

 時間外や休日の労働に関しては、「『割り増し賃金を払いますので働いてください』では済まされない。労働者と労使協定を締結し、事前に所轄の労働基準監督署長に届けないといけない」と労基法第36条のいわゆる〃サブロク協定〃を紹介。

 その上で、「時間外労働の限度に関する基準が法律で定められており、一般的に1カ月45時間。ただ、特別条項付き協定というものを結べば、この限度時間を超えることができる。これがあるから限度時間が無意味になってしまう」と述べ、電通のケースを紹介。

 「電通は特別条項付き協定で70時間に設定していた。残業は社員の自己申告制になっており、実際は70時間を超える労働をしていたが、それを超えない時間を申請していた。自殺した女性の場合だと、実際は105時間程度だったと言われている」と説明。

 「過重労働だったのは言うまでもなく、その女性には70時間を超える分の賃金は支払われていないことになる」とし、「残業を自己申告制にすると労働者の自己制御がかかりやすくなり、全てを申請しにくい場合がある。その点はしっかりと注意し、適正な労働時間の管理を行ってほしい」などと呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top