【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元産野菜と花を社協へ

本紙掲載日:2017-01-13
2面
地元産のイチゴやスイートピーなどを贈る門川町の生産者(右側)

門川町の生産者が今年も

 門川町内の施設野菜・園芸の生産者でつくる同町蔬菜(そさい)園芸振興会(中田博文会長、6専門部、会員36人)は10日、地産地消の一環とし、同町社会福祉協議会へ地元産のイチゴやスイートピーなど6品目を贈った。品数の多いこの時期に合わせ、平成17年から毎年行っている。

 贈呈式は同町総合福祉センターであり、出席した各専門部の部長ら会員7人は、持参した6品目(高糖度トマト5キロ、ミニトマト9キロ、キュウリ20キロ、スナップエンドウ5キロ、イチゴ4・8キロ、スイートピー100本)を同町社会福祉協議会の職員へ手渡した。

 高糖度トマトを育てている中田会長(49)は「社会福祉協議会の皆さんには、いつも笑顔で接していただき、元気をもらっている」と職員に感謝。「きょうお届けした野菜と花は、いいものを作ろうと日々、専門部ごとに視察研修や情報交換に励んでいる私たち会員の結晶。活用してもらえたらありがたい」とあいさつした。

 これに対し、同町社会福祉協議会の濱口典子会長は「まだまだ寒い季節。お体にご自愛いただき、これからも食を通じた地域づくりに貢献していただきたい」とお礼を述べた。

 受け取った野菜は同町社会福祉協議会のデイサービス事業の昼食の食材に活用し、花は同町総合福祉センター内に飾られるという。

その他の記事/過去の記事
page-top