【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成28年を振り返る

本紙掲載日:2016-12-28
3面
3月の市長選で初当選を果たし、陣営関係者と万歳三唱する十屋市長

十屋新日向市長が誕生−東郷病院、常勤医2人体制に

◆日向市

 1月中旬、日本港湾協会が港湾活動の最も優れた1港に贈る「ポート・オブ・ザ・イヤー2015」に、全国994の港から細島港が県内で初めて選ばれた。祝賀会は3月に市内で行われ、港湾関係者など300人以上が出席して祝い、さらなる港の発展を願った。

 新庁舎の建設は、1月下旬に起工式を行い着工。来年12月までに完成する予定で、開庁は設備工事など終えた後の平成30年5月を目指している。総事業費は現庁舎の解体工事など含め、約55億4500万円を見込む。

 任期満了に伴う市長選は、4選を目指す現職と、新人で元県議の十屋幸平氏による一騎打ちとなった。3月20日に投開票され、昭和26年の市政施行以降で最多の得票数を記録した十屋氏が、第18代市長に就任した。投票率は57・81%を記録し、前回を14・27ポイント上回った。

 9月には、台風16号による大雨が甚大な被害をもたらした。市内は24時間で578ミリの記録的な大雨を観測。住宅の床上浸水などの被害に加え、河川の護岸は崩れ、道路もあちこちで通行止めとなるなど、関係機関は復旧への対応に追われた。

 医師不足が続いている東郷病院には、4月に佐藤大亮医師、10月に中田雅之医師が着任。昨年8月以来の常勤医2人体制となった。小児科診療の経験が豊富な佐藤医師が着任したことで、同病院には新たに小児科が設置された。

 12月には、全国有数のサーフスポットを持つ市の魅力を発信するプロジェクト「リラックス・サーフタウン日向」を始動。ロゴマークやPR動画などを制作し、サーフィンに特化したウェブサイトを開設した。県内外からの交流人口や移住者の増加を図る。数値目標には、平成31年度までに新たな移住者200人を掲げる。

 今年はこのほか、JR日向市駅の新駅舎開業と、旧東郷町との合併から10年の節目だった。東臼杵郡立農業学校として大正5年に設立された富島高は創立100周年。幸脇小は美々津小に統合され、137年の歴史に幕を下ろした。


◆門川町

 同町出身の共立女子大学教授、山本聡美さん=東京都在住=が著書「九相図をよむ朽ちてゆく死体の美術史」(KADOKAWA、2014年)で、その歴史と意味を分かりやすく解き明かしたとして、3月に文化庁の平成27年度芸術選奨・新人賞、10月に第14回角川財団学芸賞を受賞した。

 6月には町職員1人が業務上横領の疑いで逮捕、今月には別の町職員2人が強制わいせつの疑いで逮捕された。安田修町長は今月16日に会見を開き、相次ぐ不祥事に「弁明の言葉もありません」と謝罪した。

 門川高校では8月に、食品加工実習中の生徒3人が一酸化炭素(CO)中毒とみられる症状を訴え、病院に搬送されたが、命に別状はなかった。11月には創立100周年の記念式典が開かれた。

 9月には台風16号が襲来し、西門川地区など五十鈴川流域で家屋や学校などが床上床下浸水し、道路脇の崖崩れ、田畑への土砂流入なども発生。支流の三ケ瀬川流域も大きな被害を受けた。


◆美郷町

 1月に合併10周年を迎えたのを記念し、3月10日「みさとの日」に、旧3村の特色を盛り込んだ町公認マスコットキャラクター「みさとちゃん」が誕生。御田祭の早乙女の衣装を着た女の子で、帯には南紅梅の花、かさにはキンカンが飾り付けられている。また、5月から町歌と町イメージソングの歌詞を全国に募集し、町歌の作曲は地元音楽愛好家でつくる町歌制定委員会、町イメージソングの作曲は音楽家の宇崎竜童さんに依頼。来春完成予定の新庁舎の落成時にお披露目される。

 4月には昨年6月から北郷地区で運用が開始されている救急救命業務の民間委託を南郷地区まで拡大。現在、計14人の救命士が配置されている。

 10月には、コンピューターシステムの故障などで休館していた北郷地区にある中小屋天文台が約1年半ぶりに再オープン。「星降る地蔵の里」のシンボルが復活した。


◆諸塚村

 平成17年9月の台風14号による豪雨で壊滅的な被害を受けた村中心部。仮店舗で営業していた特産品販売所「もろっこはうす」が再建され、1月に中心商店街での営業を再開した。5月には商店街の復興感謝イベントが行われ、関係者は地元に愛される商店街となるよう誓い合った。


◆椎葉村

 4月の熊本地震で最大震度5強を観測。人的被害はなかったものの、村道や林道では落石が目立った。旅館などは宿泊予約キャンセルの連絡が相次ぎ、観光面で打撃を受けた。

 伝統的農法の焼き畑は、世界農業遺産の認定をきっかけに、下福良の夜狩内地区で約50年ぶりに復活。住民有志でつくる継承会が発足し、少しずつ継承に取り組む機運は高まっている。

その他の記事/過去の記事
page-top