【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

花物語にハンギングバスケット

本紙掲載日:2016-12-26
3面
ハンギングバスケットや杉モールの試作を行ったサン・ルーム延岡営業所の皆さん

延岡市松山町サン・ルームで講習会

 2月の「延岡花物語2017」を前に、延岡市松山町のサン・ルーム延岡営業所は、その準備となるハンギングバスケットの講習会などを行った。同社は花物語実行委員会のメンバーで、延岡保養園と西の丸グループと共同で花のプランター50個を会場に設置するほか、ハンギングバスケットなどで会場を彩る。

 この日はハンギングバスケットマスターの大間敏美さんと藤並香さんを講師に招き、ハンギングバスケット10個を制作。同社の社員8人と実行委員会のメンバーらで、バスケットの中に土や水ゴケを盛りつけ、ビオラの苗を植え付ける作業に汗を流した。花物語が始まる頃には、バスケットを覆うほどにビオラが咲き誇るという。

 また、今年は陸上自衛隊の訓練として五ケ瀬川に架けられる仮設橋を「コノハナ出逢(あ)い橋」と名づけ、杉モールで飾り付ける。モールは荒縄に杉の葉を飾り付け、金と銀に塗装したモミジバフウの実をあしらったもので、当日は60メートルのものを2本用意するが、この日は約10分の1サイズのものを試作。手順や作業時間などを確認し、出来映えに自信を深めた様子だった。

 サン・ルーム総務部長の佐藤貴美さんは「ホームワイド出北店さんのご協力で、足りない資材をすぐ用意してもらったので作業がスムーズに進みました。ハンギングバスケット、杉モールともに良い出来上がり。杉モールも思ったより短時間で完成しましたし、いい橋が出来ると思います」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top