【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

たばこ、いろんな病気に関連

本紙掲載日:2016-12-26
3面
西階中1年生を対象に行われた小池さんによる講話

西階中1年生、小池医師から学ぶ−延岡

 延岡市西階中学校(甲斐義弘校長)の1年生約130人は12月21日、同市旭町の小池耳鼻咽喉科医院・小池祐一院長から、喫煙による体への悪影響について学んだ。ふるさと教育推進事業の一環。

 小池院長は「たばこのはなし」をテーマに講話。たばこには一酸化炭素、タール、ニコンなど有害物質が含まれていると説明。このうち、ニコチンについては「依存性がとても強く、禁断症状として頭がぼーっとしたりする。抜け出すのは困難」と話した。

 また、小池さんによるとたばこは、がんや心筋梗塞、脳梗塞、高血圧症などの病気を引き起こすという。喉頭がん、口腔(こうくう)・咽頭がん、食道がんなど頻度が高い病気を挙げて「たばこの通り道ががんになっている。全身のいろんな病気に関連している」と話した。妊娠中の女性や乳幼児などたばこを吸わなくても煙を吸う受動喫煙者にも悪影響があることも強調した。

 日本人男性の喫煙率(平成26年)は34%で、アメリカやイギリスと比較しても高いという。小池さんは「たばこは百害あって一利なし。5、6年後には成人するが、吸う時に、きょうの話を思い出してやめてほしい」と語り掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top