【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

来年のえとは酉−鳥にちなんだ名を持つ魚

本紙掲載日:2016-12-24
1面
ルリスズメダイ
ミスジリュウキュウスズメダイ
シマスズメダイ
ネッタイスズメダイ
アオブダイ
デバスズメダイ

スズメダイの仲間など…・すみえファミリー水族館

 来年のえとは酉(とり)。延岡市須美江町のすみえファミリー水族館で鳥にちなんだ和名や英名を持つ魚を探した。

 主役となりそうなのは「スズメダイ(雀鯛)」の仲間。小さな体や丸い目がスズメに似ていることが名の由来とされ、館内には5種類以上が仲良く泳いでいる。

 観賞魚として知られるのが「ルリスズメダイ」。全長5センチと小さな魚だが、別名「コバルトスズメダイ」と呼ばれる鮮やかな瑠璃色の体が目を引く。

 白い体に3本の黒い筋が入るおしゃれな魚は「ミスジリュウキュウスズメダイ」。イシダイの幼魚にも似ている。「ネッタイスズメダイ」は青みがかった黄色の体。いまは目立たないが、大きくなると鮮やかさを増すという。

 「デバスズメダイ」という変わった名前の魚は、下あごの歯が突出することが名の由来。全長6センチの緑がかった淡い青色の体は、光の当たり方によって色が違って見える。

 沿岸の潮だまりでよく見られるのが「シマスズメダイ」。体高が高く、灰色の体には6本の灰褐色の横帯がある。館内では、ほかのスズメダイとは別の小型水槽に展示されている。

 硬い大きな歯がオウムのくちばしに似ているブダイの仲間は、英語で「オウムのような魚」という意味の「パロットフィッシュ」。館内には、沿岸で釣り上げられたアオブダイ1匹が大型水槽を悠然と泳いでいる。

 このほか、体のしま模様がタカの羽に似ていることが由来の「タカノハダイ」(方言名ヒダリマキ)も近く展示する予定だ。

 甲斐文雄主任技術員(56)は「スズメダイの仲間は結構気が荒い面もあるが、どれも小さくてかわいい。えとにちなむ魚たちをぜひ見に来てほしい」と話している。年明けは1月1日午前10時から特別開館する。

その他の記事/過去の記事
page-top