【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

餅つき、門松作り楽しむ

本紙掲載日:2016-12-12
3面
門松づくりに打ち込む児童ら

旭小中学校青少年健全育成連絡協議会

 延岡市の旭小中学校青少年健全育成連絡協議会(下田英樹会長)は10日、中川原町の旭小学校で門松作りと餅つきを行った。同小中の児童生徒と保護者ら約60人が参加した。

 門松は下田会長が手本を見ながら製作。給食用缶詰の大きな空き缶を土台に50センチほどの竹3本、ナンテンとマツ、葉ボタンで飾り付けた。

 児童たちはお父さんやお母さんに手伝ってもらいながら作業。また、旭小と旭中学校用に高さ1メートルの大きな門松も一対ずつ作られ、参加者の注目を集めていた。

 餅つきは30キロのもち米を用意。もち米を大きな釜で蒸し上げるとお父さんたちが石臼へ投入。最初は力のある大人や中学生がつき、児童へバトンタッチ。「ハイッ」「ハイッ」とリズムの良い掛け声が響いていた。つき上がると大根おろしやきな粉で食べ、いずれも笑顔だった。

 門松作りにお母さんと参加した小学2年の篠田悠斗君は「3本の竹のバランスを整えるのが難しかったけどうまくできた。門松は玄関に飾ります」。餅つきに汗を流した中学1年の本間南々美さんは「つくときより、(杵を)離すときの方に力がいったのは予想外だったけど楽しかった。(お餅は)焼いてしょうゆで食べるのが好きです」と笑顔で話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top