【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

負担増、経営努力で−病院局

本紙掲載日:2016-12-08
1面

宮崎病院建て替え

◆一般会計支出は極力抑え

 県議会の厚生常任委員会(太田清海委員長、8人)は7日開き、平成33年度の開院を目指す県立宮崎病院の建て替え費用が基本設計段階で大幅に増大した問題を協議。県病院局は一般会計からの繰り入れを極力抑え、医療収入で借金を返済する考えを示した。

 宮崎病院の建設費は基本構想策定時は約185億円だったが、基本設計後は資材費、人件費の高騰などで約306億円に増え、詳細未定だった立体駐車場整備費、医療機器整備費などを加えると総事業費は約390億円に膨らんだ。

 病院局は収支計画の詳細を明らかにし、開院から5年目の37年度までは赤字だが、収入増により38年度からは黒字を予測。また、一般会計からの繰り入れは30年償還で約73億円にとどめ、地方交付税措置を除いた残り約240億円は経営努力による医療収入で賄っていく方針を伝えた。

 同席した菊池郁夫宮崎病院長は「計画が延びれば職員のモチベーションの維持が危惧される」と述べ、スケジュール通りの整備を訴えた。

 委員からは「あまりに増大。時間をかけてゼロからもう一度考え直すべき」や、「単価見積もりの甘さは否定できないが、県民の命に関わる施設。丁寧に説明し、早く整備を進めてほしい」などの意見が出た。

その他の記事/過去の記事
page-top