【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

食改推進員が男性料理教室−延岡市

本紙掲載日:2016-12-02
8面
楽しく調理する参加者
完成した料理。麦ご飯の上が「レンコンのきんぴらカレー風味」

健康的な食べ物、自分で作れるようになって

 延岡市食生活改善推進員連絡協議会(古本政子会長)は11月29日、同市社会教育センター調理室で「男性料理教室」を開いた。外食や出来合いのおかずでは、塩分摂取量が多くなったり栄養が偏ったりしがち。料理初心者の男性でも健康的な食べ物を自分で作れるようになってほしいと、毎年1回開いている。

 「一人暮らしになった時、自分で料理を作れるようにならないと駄目だと妻に言われて参加した」「炊飯器のスイッチも入れたことがない」という人や「レパートリーを増やしたくて参加した」「病気で減塩をしなければならない」など理由や料理経験はさまざま。年齢は60代から70代を中心に18人が参加した。

 メニューは「サケのおしゃれムニエル」「レンコンのきんぴらカレー風味」「ベジタブルチャウダー」「長芋ののり巻き」と麦ご飯。手に入りやすい食材で作れて、晩酌のつまみにもなるように、同市健康増進課の栄養士安藤香織さんが同連協のレシピをアレンジして教えた。

 特に人気だったのは「レンコンのきんぴらカレー風味」。レンコンとニンジンは皮をむき、いちょう切りか細切りにする。エリンギもレンコンなどと同じぐらいの大きさに切る。調味料(4人分)は、酒とみりんと濃口しょうゆ各大さじ1、カレー粉小さじ1を合わせておく。鍋にごま油を熱して野菜を炒める。これに調味料を加えて汁気がなくなるまで炒め、白ごまをまぶす。好みで一味トウガラシをかければ出来上がり。

 調理後はみんなで味わった。「おいしい。塩分控えめと感じない」という感想が多く聞かれた。

 「肉じゃがとカレーは作れるが、妻がいない時はおかずを買ってくる」という甲斐直さん(65)=同市沖田町=は「きょうは塩分の少ない健康的な料理を、どちらかというと食べてみたいと思って参加した。作ってみて楽しかった。家でも作ってみたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top