【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

飲酒運転根絶−夜の繁華街で呼び掛け

本紙掲載日:2016-11-30
3面
「飲酒運転根絶ローラー作戦」で飲食店に協力を求める首藤本部長ら(延岡市内の飲食店)

ローラー作戦、協力求める−延岡

 忘年会シーズンを迎え、延岡市交通安全対策本部(本部長・首藤正治市長)は29日、夜の繁華街で「飲酒運転根絶ローラー作戦」を実施し、飲食店に協力を呼び掛けた。

 延岡警察署や延岡地区交通安全協会、県飲食業環境衛生同業組合延岡支部などから約80人が参加。3班に分かれて、アルコール類を提供する居酒屋など30店近くを巡回した。

 参加者は、啓発ののぼり旗を手に繁華街を歩いて、「飲酒運転根絶」をアピール。飲食店では首藤本部長と中川正純延岡署長らが店長にチラシや卓上カレンダーを手渡し、あらかじめ酒を飲まない送迎役を決めておく「ハンドルキーパー運動」などへの協力を求めた。

 また、今年は「暴排ローラー作戦」も併せて実施。暴力団に対して「恐れない」「金を渡さない」「利用しない」という基本事項に「交際しない」を加えた「三ない運動プラス1」を啓発した。

 飲食店の店長らはキャンペーン隊の呼び掛けに対し、「お客さんには絶対に飲酒運転をさせません」などと決意表明。署員は「年末で暴力団も資金を稼ごうと暗躍する」と情報提供などを呼び掛けた。

 延岡署が摘発した飲酒運転件数は、今年に入り14件で、減少傾向にあるものの、うち8件は事故を起こすなど、より悪質な違反で逮捕。「一歩間違えば死亡事故やひき逃げなどにも発展しかねない」と警戒を強めている。

 同署は今年も12月の飲酒運転根絶強化月間と年明けの新年会シーズンにかけ、取り締まりを強化する方針。また、交通安全対策本部や民間団体も重点的に啓発行事を実施して、意識高揚に努めていく。

その他の記事/過去の記事
page-top